日本ユニシス

電力小売クラウドソリューション Enability(R)シリーズ「Enability CIS/Order」サービスに高圧需要家向け機能を新たに追加

 

 日本ユニシスは、電力小売クラウドソリューション Enability(エナビリティ)シリーズ「Enability CIS/Order」サービスに高圧需要家向け機能を新たに追加し、提供を開始しました。

 契約管理・料金計算を中心とした基幹業務を行う「Enability CIS」サービスでは、これまで小売電気事業者に対し高圧(実量制)(注1)需要家向け機能を提供してきましたが、このたび特別高圧および高圧(協議制)(注2)需要家向け機能を追加しました。

 また、契約申込登録およびスイッチングシステムとの連携を行う「Enability Order」サービスにも、高圧需要家向け機能を追加しました。

 電力の小売全面自由化以降、小売電気事業者間の競争が本格化し熾烈さを増しています。日本ユニシスは今後もEnabilityシリーズの機能を拡充し、小売電気事業者の円滑な事業運営を支援していきます。

【背景】

 2016年4月から電力小売全面自由化が開始され3年経過した今、電力小売マーケットにおいては事業者間の競争が激化し、低圧および高圧需要家向けの顧客管理・料金計算システムおよび契約申込登録システム導入のニーズが高まっています。

 また、契約件数の増加に伴い、既存の契約申込登録システムの刷新含め、システム全体の見直しを検討する小売電気事業者が増えています。

【日本ユニシスのEnabilityシリーズ】

 2013年に提供を開始した電力小売クラウドソリューション Enabilityシリーズは、日本ユニシスが電力業界で培ったシステム構築ノウハウを集約したクラウドサービスです。

 2016年4月には顧客管理・料金計算システム「Enability CIS」サービスおよび契約申込登録システム「Enability Order」を開発し、採用した多くの小売電気事業者が一般家庭、商店など低圧需要家向けに利用してきました。

 今回は「Enability CIS」サービスに特別高圧および高圧(協議制)需要家向け機能を、「Enability Order」サービスに高圧需要家向け機能を追加しました。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514341_01.pdf