あおぞら銀行へオリジナルバンキングアプリサービスを提供開始

〜金融機関の経営戦略に応じたオーダーメイド型バンキングアプリを構築〜

 

 株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)は、2019年7月16日より、株式会社あおぞら銀行(以下、あおぞら銀行)へオーダーメイド型バンキングアプリサービスを提供開始します。

 本サービスは、あおぞら銀行の新マネーサービス「BANK(TM) BY AOZORA BANK」のサービスコンセプトをスマートフォンアプリで体現化したものです。Visaデビット機能付きキャッシュカードでの利用金額の一定割合を自動的に預金に積み立てできる新型預金機能や、人生を豊かにするお金の使い方を提案するストーリー機能など、あおぞら銀行独自の機能を構築しています。

 NTTデータは今後も、あおぞら銀行のビジネスパートナーとしてバンキングアプリのサービス拡大を行うとともに、各金融機関それぞれの経営戦略に応じたバンキングアプリの構築・展開を目指します。

【背景】

 NTTデータは、2016年より、あおぞら銀行へ個人向けインターネットバンキングサービス「AnserParaSOL(R)」および基幹系システム「BeSTAcloud(R)」のサービス提供をしています。

 このたび、あおぞら銀行の経営戦略であるデジタライゼーションを見据えたリテール顧客向けの新たな取り組みを具現化するにあたり、スマートフォンアプリによるシンプルかつスマートなサービスが求められていました。

 今回、NTTデータは共同利用型金融機関向けバンキングアプリ「MyPallete(R)」で培った豊富なバンキングアプリの運営実績に加え、「AnserParaSOL」ならびに「BeSTAcloud」を組み合わせた総合的かつ安心安全なサービス提供実績、SOE基盤「OpenCanvas(R)」が実現する高セキュリティーな運用・保守などが評価され、システム開発ビジネスパートナーとして選定され、本サービスの提供開始となりました。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514431_01.pdf