セイコーの小型PTPグランドマスタークロックが5Gモバイルネットワーク対応に向け機能を強化

−PRTC-B準拠でさらなる高精度時刻同期に対応−

 

 *製品画像は添付の関連資料を参照

 セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)は、現在販売中の小型PTPグランドマスタークロック「Time Server Pro.TS-2910/TS-2912(以下 TS-2910シリーズ)」( https://www.seiko-sol.co.jp/products/time_server/time_server_lineup/time-server-pro_ts2910/ )を、2019年9月に5Gモバイルネットワーク向けに大幅に機能を強化し、販売します。

 「TS-2910シリーズ」は、基地局などに導入しやすいよう小型化したPTPグランドマスタークロックです。今回、5Gモバイルネットワークにも対応できる国際標準の精度(時刻誤差40ナノ秒以内)を定めた「PRTC-B」(※1)に準拠するため、GNSSレシーバーのさらなる高精度化を実施します。さらに、都市部のようなビルが隣接した環境においてもGNSS衛星信号を適切かつ安定的に受信するための耐マルチパス機能など、さまざまな機能強化を行います。

 現在、モバイル通信事業者が、4Gモバイルネットワークを構築するうえで、無線基地局間の高精度な時刻同期は不可欠な技術になっています。また、今後普及することが期待されている5Gモバイルネットワークでは、さらに高精度な時刻同期要件を満たす必要があります。

 「TS-2910シリーズ」は、高精度な時刻同期をIPやイーサネット上で実現可能なPTPプロトコルである、ITU-T G.8265.1、8275.1および8275.2 Telecom Profileをサポートした小型グランドマスタークロックとして、5Gモバイルネットワークでの高精度な時刻同期に対応します。

<TS-2910シリーズの主な機能強化内容>

 ・GNSSレシーバーのPRTC-B準拠

 ・耐マルチパス機能対応

 ・アンチジャミングおよびアンチスプーフィング機能強化

 ・IPv6対応

 なお、「TS-2910シリーズ」は2019年7月17日(水)〜19日(金)に東京ビッグサイト青海展示棟で開催される「第3回映像伝送EXPO」( https://www.seiko-sol.co.jp/archives/43829/ )に出展します。

 ※1 PRTC-B:時刻標準装置(PRTC)の精度を定めた国際標準(G.8272)において、UTCに対する時刻誤差40ナノ秒以内を満たしている装置。PRTC-A(時刻誤差100ナノ秒以内)よりも高精度な時刻同期を実現するために必要。

【Time Server Pro.TS-2910製品情報】

 https://www.seiko-sol.co.jp/products/time_server/time_server_lineup/time_server_pro/

 ※本文中に記載されている会社名、製品名などは各社の商標または登録商標です。

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514440_01.jpg