ビッグデータを用いて「街の欲求」を可視化するアート

【CityAtmosphere:VR image to glimpse wishes in the air】の展示イベントを、7/19〜7/21の間、ヤフー本社内にて開催

 

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ヤフー株式会社(以下、ヤフー)、株式会社日建設計(以下、日建設計)、東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)は、東京工業大学 下坂研究室協力のもと、ビッグデータを用いて「街の欲求」を可視化するアート【CityAtmosphere:VR image to glimpse wishes in the air】(以下、本アート)の展示イベントを、7月19日(金)から21日(日)の3日間、ヤフー本社内にあるオープン・コラボレーションスペースLODGEにて開催します。

 本アートは、ビッグデータを用いて、街ごとに異なる訪問者の欲求を可視化し、街づくりに活用していくための取り組みの一環として開催します。

 「街の欲求」の可視化にあたっては、ユーザーの特定が不可能な状態に統計化したヤフーのビッグデータを用います。具体的には、特定の街を訪れた人たちが一定数以上検索した、街ごとの特徴が現れるキーワード群を、独自に定義した12の欲求に分類し、欲求ごとのランキングやレーダーチャートで表現します。この可視化結果は、訪問者の欲求から街が持つニーズや課題などを導き出せるため、人の流れなどの統計データとは異なる街づくりへの活用が期待できます。

 このような街づくりへのビッグデータ活用を、直感的に理解いただくことを目的に、アート表現による展示イベントを開催します。

 本アートは、「街の欲求」の可視化をテーマに、VR動画として提供します。観覧者は、VR用のヘッドマウントディスプレーを利用することで、以下のような表現を通じて「街の欲求」を体感できます。

 ・街ごとの特徴的な検索キーワード群の文字列を、ドットに見立て無数に並べることで、街の風景を再現。特定の箇所に目線を合わせると、その箇所がズームされ文字列が見やすくなります。

 ・街ごとの12の欲求に分類されたキーワードの一部(ランキング上位)の文字列を、欲求ごとの大まかなまとまりとして表示され、文字列が読み上げられます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514494_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514494_02.pdf