凸版印刷、金箔屏風の高品位複製技術を開発

印刷技術を応用した高品位複製技術「Refina Graphy」で金箔屏風を美しく再現

国宝「洛中洛外図屏風(舟木本)」をデジタル文化財創出機構シンポジウムにて初公開

 

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿秀晴、以下 凸版印刷)は、新たな金箔屏風の高品位複製技術「Refina Graphy(レフィナ グラフィ)」を2019年7月に開発。金箔の輝きと繊細な日本美術の表現を、金箔用紙と独自の印刷技法の応用で再現しました。

 今回は東京国立博物館所蔵の国宝「洛中洛外図屏風(舟木本)」をテーマに製作。同館と文化財活用センターの監修のもと、超高精細アーカイブデータを用い、印刷のみで金箔・金泥・絵柄の異なる質感による視覚的な特徴を再現し、奥行き感や華やかさといった作品の持つ本来の美しさを実現しています。

 この技術により、金箔を用いた美術作品の豊かな表現を、印刷でより実物に近い状態で複製することが可能になり、国宝や重要文化財をはじめとする貴重な作品等を身近に親しむ新しい鑑賞体験機会の創出を促進します。なお、本複製品は、2019年7月19日(金)に開催されるシンポジウム「進化する複製の未来」にて初公開します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514510_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514510_02.pdf