通勤による交通需要を調整する「TDM テレワーク」7 月 22 日からスタート

首都圏にオフィスを構える 23 社が結束したテレワークで交通混雑緩和に貢献

シェアオフィス紹介サービスとも連携し最寄りのワークスペース(都内 100 箇所)で会社に出勤しない就業形態!

テレワークに適したワークスペースを「駅すぱあと」が紹介する TDM やテレワークを推進する機能も提供開始

〜7 月 23 日の一斉実施日には小学校等の夏休み事情を考慮した「子連れテレワーク」の実証実験も実施予定〜

 

 首都圏に本社・事業所を構える企業有志によって構成される TDM テレワーク実行委員会(※1)は、通勤などによる交通需要を調整する交通需要マネジメント(以下、TDM(※2))を推進するために首都圏にオフィスを構える 23 社が結束して行う「TDM テレワーク」を、7 月 22 日(月)から9 月 6 日(金)の期間で実施することを発表します。

◆TDM テレワーク実施概要

 ・実施期間:2019 年 7 月 22 日(月)〜2019 年 9 月 6 日(金)

 ・首都圏に本社、事業所を構える 23 社が賛同、対象従業員数 1,300 名で上記期間に実施予定

 ・シェアオフィス紹介サービスと連携し自宅以外の場所(都内約 100 箇所)でも仕事ができる環境構築

 ・駅すぱあとがテレワークに適したシェアオフィスを紹介する TDM を推進する機能も提供開始

 ・7 月 20 日から都内の公立小学校等が夏休みに入ることから子連れテレワークの実証実験も実施予定

 ・TDM テレワークの推進啓発活動として 7 月 23 日(火)に賛同企業による一斉テレワークを実施

■TDM テレワーク実施の背景と目的

 TDM テレワークは、通勤などによる都心の交通混雑を緩和するために、首都圏にオフィスを構える 23 社、対象従業員数 約 1,300 名が結束したテレワークを実施する取り組みです。

 この取り組みでは、シェアオフィス紹介サービス「OFFICE PASS」(※3)との連携を通じて都内のワークスペースやカフェ(約 100 箇所)も活用し、自宅に限らずいつでもどこでもテレワークが実施できる環境を作ります。また、経路検索アプリ「駅すぱあと」(※4)が、検索した駅近くに位置する OFFICE PASS に登録されているテレワークに適したワークスペースを紹介する機能の提供も開始することで TDM やテレワークの推進を図ります。さらには、首都圏では多くの小学校等が 7 月 20 日から夏休みに入ることから、乳児を含めた子供とともに過ごせるカフェなどで「子連れテレワーク」の実証実験も合わせて行います。

 TDM テレワーク実行委員会は、「TDM テレワーク」の実効性を検証することを目的に、7 月23 日(火)を 23 社の賛同企業における一斉実施日に設定します。その際には、TDM テレワーク、子連れテレワークの実地検証も実施し利用推進に向けた知見の蓄積を図ります。

<イメージ画像>

 *添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

イメージ画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514524_01.pdf

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514524_02.pdf