熟練者の意図を学習し、意思決定を模倣するAI技術を開発

〜高度なスキルが必要な実業務において10倍以上の効率化を確認〜

 

 NECは、熟練者の過去の行動履歴データから、その卓越した認知・判断に基づく意図を意思決定モデルとして学習し、高度なスキルが要求される業務を大幅に効率化するAI技術を開発しました。本技術を、属人的な業務の意思決定プロセスに適用することにより、業務負荷を大幅に軽減することができ、業務スピードの大幅な向上が可能となります。

 本技術は、逆強化学習(注1)のフレームワークをNEC独自のアルゴリズムで拡張し、従来、技術者が行っていた意思決定モデルの構築を自動化します。人手では定式化が困難な意思決定問題に対して、熟練者の過去の行動履歴データから意思決定モデルを作成することで、熟練者と同等の判断を迅速かつ自律的に導き出します。本技術は、主に以下の領域に対して適用が可能です。

 1) RPA(Robotic Process Automation)を適用できない複雑な意思決定を必要とする業務領域(例:営業活動やプラント運転など)

 2) 人の判断・動作を物理的に再現する領域(例:自動運転やロボット制御など)

 また、今回開発した技術をTV放送局の広告スケジューリング業務(注2)に適用し、実データを使った性能評価を実施しました。本業務は、各CMにおける要件・制限事項と、放送枠の活用方法など放送局側の要件の両方を考慮しなければならず、高度なスキルやノウハウが要求されます。この業務に本技術を活用した結果、経験豊富な熟練者と同等レベルの意思決定を10倍以上のスピードで実現できることを確認しました。今後、熟練者への負荷が高い様々な業務への適用を進め、人のパートナーとなりうるAIの開発に取り組みます。

 NECは社会ソリューション事業に注力しており、本技術をはじめとするAIやIoTなどのデジタル技術により、お客様との共創を通じた企業・社会のデジタルトランスフォーメーションに貢献していきます。

 ※参考資料は添付の関連資料を参照

■背景

 近年のディープラーニングに代表されるAIの発展に伴い、商品の検品検査や需要予測、顧客の嗜好分析などの領域で、AIの活用が増えています。

 しかし、意思決定問題など、高度なスキルが要求される分野への適用においては、利用可能な品質になるまでに繰り返しのヒアリングや熟練者の無意識行動の反映等を含め、膨大な試行錯誤が必要となっていました。また、導き出される結果と熟練者の判断レベルに乖離があり、この分野での適用が困難でした。

 本技術は、NEC独自の機械学習アルゴリズムにより、熟練者が行っている高度な業務の意思決定を再現することができ、これまで以上に幅広い領域で業務効率の向上を可能にします。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514540_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514540_03.pdf