ISID、セキュリティ製品「AppGuard」の運用サポート事業でITMと協業

〜大規模ユーザーを対象に、複雑化するセキュリティ対策をワンストップで支援〜

 

 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和亮一、以下 ISID)は、システム運用監視サービスを提供するアイティーエム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:村上宗久、以下 ITM)と、ISIDが取り扱うセキュリティ製品「AppGuard(アップガード)」の運用サポート事業で協業することに合意しました。この協業を通じ、主にAppGuardの大規模導入を検討、実施する企業を対象に、導入方針の企画立案から導入後のきめ細かい運用サポートまで一貫したサービス提供体制を構築することにより、企業のサイバーセキュリティ対策をワンストップで支援してまいります。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

■協業の背景とねらい■

 近年、サイバー攻撃による経済的・社会的損失の発生リスクは拡大の一途を辿り、その手口も年々複雑化・巧妙化しています。これに伴いセキュリティ製品の高機能化が加速し、企業におけるセキュリティ対策も複雑さを増していますが、一方でその運用を支えるセキュリティ人材の不足は著しく、喫緊の経営課題となっています。

 ISIDは、2017年にAppGuardの開発元である株式会社Blue Planet-worksに出資し販売権を取得、2018年には全社横断組織を設置して販売体制を拡大し、顧客企業のセキュリティ対策を支援しています。これまでに、数万単位のユーザーを対象とする大規模導入プロジェクトを複数手掛けており、累計で8万ユーザー超への導入実績を有しています。これらの活動を通じ、特に大規模導入プロジェクトにおいて、導入後のセキュリティポリシー改定や組織改変に伴う設定変更等の運用負荷が各社共通の課題であることを認識し、このニーズに応えるために今般、ITMとの協業に至りました。

 ITMは、Managed Service Provider(MSP)事業者として、システム運用監視サービスを主軸に事業展開しており、そのラインアップの一つとしてAppGuardの保守運用サービスを提供しています。両社の協業により、AppGuardの導入方針策定から運用設計、導入後の運用サポートまでを一貫して提供することにより、顧客企業の課題解決を支援してまいります。

■AppGuardについて■ https://www.isid.co.jp/solution/appguard.html

 AppGuardは、従来の「検知技術」型(定義ファイル、機械学習、レピュテーション、ホワイトリストなど)ではなく、攻撃の段階で脅威を遮断する、特許取得済みのOS Protect型製品です。AppGuardは米国の政府機関で長年の実績があり、過去20年以上一度も破られたことはありません。国内企業においても2017年10月以降、500社以上で導入されています。また、NISC(内閣府サイバーセキュリティーセンター)の「平成30年度政府機関等の対策基準策定のためのガイドライン」準拠製品です。1MB以下の超軽量な防御エンジンで高速に動作し、定義ファイルのアップデートが不要なため、サイバー攻撃からの高い防御力を満たしつつ運用負荷の抑制に貢献します。

<ご参考資料>

 ※添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514562_01.jpg

ご参考資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514562_02.pdf