東芝ITサービスは、フォーティネット社のスイッチ製品(FortiSwitch)の保守サポート「FortiSwitch 保守サービス」の提供を開始いたします。

 

 「東芝ITサービス株式会社」(本社:神奈川県川崎市川崎区日進町1-53、取締役社長:石野 誠、以下東芝ITサービス)は、「フォーティネット社」(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、日本法人:フォーティネットジャパン株式会社、日本法人本社:東京都港区六本木7-7-7、日本法人社長執行役員:久保田則夫)が販売するスイッチ製品(以下 FortiSwitch)の保守サービスの提供を、本日7月18日より日本国内全域で開始させて頂く事を発表します。

 又、今回のサービス開始に併せてフォーティネットジャパン社のテクニカルサポート部門との直接なサポートスキームを確立し、より高度な・より複雑な障害への対応も可能となった事。並びにフォーティネット社のUTMアプライアンス製品(以下 FortiGate)と「FortiSwitch」が連携しているシステムなどへのアフタサポートが、東芝ITサービス1社でトータル的にご提供させて頂く事が可能となった事を併せてお知らせ致します。

 東芝ITサービスは、日本全国に配置した当社サービスネットワーク網を活用し、ITシステムのライフサイクル全般をサポートするサービス会社です。昨今のITシステムのマルチベンダ化に伴い、総合的なITサービスとして、多くのベンダ様製品をライフサイクル全般でサポートしています。

 東芝ITサービスは、従来からフォーティネット社の「FortiGate」を活用したセキュリティソリューションを展開しており、クリティカルなシステムへの豊富なサービス実績と、そこで培った特有のノウハウを保有しておりますが、昨今お客様から東芝ITサービスが持つノウハウを活かし「FortiSwitch」のアフタサポートも提供頂きたい旨のご依頼を数多く頂くようになりました。東芝ITサービスは、お客様のこれら要望にお応えすべく、「FortiSwitch」のアフタサポート機能を体系化し、保守サービスとして提供を開始する事で、「FortiGate」と「FortiSwitch」の両方を東芝ITサービス1社でトータル的にアフタサポートをご提供させて頂く事を可能としました。

 これにより、「FortiGate」と「FortiSwitch」が連携しているシステムを既に運用されているお客様や、導入検討されているお客様のネットワークセキュリティ対策を東芝ITサービスにて一括でご提供する事が可能となり、お客様のネットワークセキュリティをより強固に構築、それを維持・運用する事が可能となります。

 今回東芝ITサービスがリリース致します「FortiSwitch 保守サービス」は、以下の機能で構成されています。

◆オンサイト保守対応

 東芝ITサービスの100拠点を越える全国サービスネットワーク網にて、「FortiSwitch」の設置先で障害対応を実施します。

  8Hx5D(平日9時−17時)または24Hx365D(全日24時間)のオンサイト保守サービス

◆障害コール受付機能

 オンサイト保守対応と同様に契約内容に沿って障害受付を行い、障害切分け、保守部門への出動指示、部品手配を行います。

◆構成情報管理機能

 機器の設定ファイルおよび構成情報を管理します。故障復旧時、部品・装置交換時の設定復元・構成復元を可能とします。

◆テクニカルサポート機能

 高度・複雑な障害発生時・対応時にフォーティネットジャパン社のテクニカルサポート部門と直接連携し、調査・解析、オンサイト支援を行います。

◆障害解析機能

 障害原因を追及するためのダンプ解析や当社検証環境での再現試験などを実施します。

 FortiSwitch 保守サービス https://www.it-serve.co.jp/services/maintenance/fortiswitch.htm

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514657_01.pdf