DSP「Logicad」、Branchの「Universal Ads」との連携を開始

〜モバイルアプリにおける広告配信の柔軟な対応を実現〜

 

 ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 隆一、以下 SMN)は、この度、DSP(*1)「Logicad」のモバイルアプリにおける広告配信の強化を目的に、Branch 社(本社:米国、CEO:Alex Austin、以下 Branch)が提供するモバイルソリューション「Universal Ads」(前:TUNE Attribution Analytics)との連携を開始しました。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 Branchは、クロスプラットフォーム・リンクと計測のリーディングプロバイダーとして、デジタルデバイスを横断し最適な顧客体験をもたらすモバイル・ディープリンクのソリューションを確立し、現在、40,000以上のアプリをサポートしています。そのなかで「Universal Ads」は、広告効果計測ツールを含めたモバイルソリューションとして、大きく発展をしています。

 「Logicad」は、これまでリエンゲージメント広告(*2)など、モバイルアプリ向けのターゲティング配信を行ってきました。今回の連携により、既に、「Universal Ads」を導入している広告主が保有するアプリユーザーの利用状況を識別することができます。今後は、他のモバイル広告効果の測定・分析ツールを含めた、アプリの特性(ゲームアプリやECアプリなど)に沿った柔軟な広告配信が可能となります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514688_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514688_02.pdf