「キッザニア東京」「キッザニア甲子園」で「南極観測隊」の仕事体験!

期間限定パビリオン「南極研究所」に技術協力

〜VRドームなど先端技術提供で、エデュテインメントの進化を推進〜

 

 KDDIは、2019年7月19日から「キッザニア東京」、2019年7月20日から「キッザニア甲子園」内に期間限定で開設される「南極研究所」パビリオン (以下 本パビリオン) に、VRドームなど先端技術を提供します。

 ※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

 本パビリオンではこども達が南極地域観測隊の一員となり、VRなどの先端技術を組み合わせたアクティビティを通じ、生物学者として南極について学び、南極に生息するペンギンの個体数の観測をします。南極地域で働く観測隊は、マイナス40度にもなる厳しい世界で、自然現象の調査や研究を続けています。これらの南極地域観測隊の仕事を体験することで、地球環境のこれからについて学ぶことができます。

 なお、本パビリオンは、KDDIおよび国立極地研究所の協力のもと、こどもの職業・社会体験施設「キッザニア (KidZania)」の企画・運営を行うKCJ GROUPが運営します。

 KCJ GROUPとKDDIは、キッザニアを通じたこども達の生きる力を育むための学びの機会と5G、IoTなど先端技術を融合し、こどもの成長における新しい体験価値の共創を目的とした包括的パートナーシップ( https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2018/10/10/3413.html )を構築しています。本パビリオンはKCJ GROUPとKDDIが構築している包括的パートナーシップの中の「エデュテインメントの進化」に該当します。VRなど先端技術を活用しパビリオンの体験価値のさらなる向上を目指したエデュテインメントの場を提供します。

 ※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

 国立極地研究所は、南極条約に基づき国際協力のもと南極地域の観測を行っています。1956年の観測開始から60年以上にわたり、超高層物理学、気象学、雪氷学、生物学、地学など広範囲の分野で研究活動を続けています。KDDIは2005年の第46次南極地域観測隊越冬隊から、毎年1名の社員が国立極地研究所に出向の上、観測隊員として派遣しており、観測隊員は昭和基地内および日本との間のネットワーク全般の運用保守などを行い、日本と南極間の通信を支えています。

 KDDIは、今後も持続可能な社会の実現、それを支えるこども達の豊かな未来の創造をコンセプトにさまざまな体験価値を共創していきます。

 詳細は別紙をご参照ください。

 ※別紙は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514798_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514798_02.jpg

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514798_03.pdf