最新iPhone向け「海外データeSIM」のエリアを96の国・地域に大幅拡大

〜長期出張や留学に便利、1回のプラン購入で30日間おトクに利用可能に〜

 

 KDDI、沖縄セルラーは、2019年7月19日より、デュアルSIMに対応したiPhoneを利用中のお客さまが海外へ渡航する際、2回線目としてデータ通信が利用できるeSIMサービス「海外データeSIM powered by GigSky (ギグスカイ)」(以下「海外データeSIM」) を利用できる対象エリアを96の国・地域へ拡大します。

 「海外データeSIM」は、世界中でトラベルSIM事業を展開するGigSky (本社:米国 Palo Alto、CEO: Ravi Rishy-Maharaj (ラヴィ リシ マハラージ))が運営するプラットフォームを活用することによりKDDIがお客さまへ提供するもので、専用アプリ上で、事前に利用期間とデータ量を決めてプラン購入できるため、追加料金の心配なく、簡単・安心して利用可能です。また、1回プランを購入すると有効期間内かつ対象国・地域であれば、複数の国・地域をまたぎ利用できます。

 2019年4月の開始当初の対象エリアは、北米・ハワイのみでしたが、他の地域においても留学や長期出張、ホームステイなどの機会に、現地の携帯電話やWi-Fiルーターをレンタルせずにデータ通信を利用したいというお客さまの声にお応えするため、留学渡航先として人気(注1)のアメリカ、カナダに加え、新たにオーストラリアやニュージーランド、イギリスなど96の国・地域を対象エリアとしました。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 なお、KDDI、沖縄セルラーは、150以上の国・地域で利用でき、海外利用者の99.9%以上(注2)をカバーする「新規ウィンドウが開きます世界データ定額」を提供しており、auのお客さまは、「海外データeSIM」と合わせ、お客さまの渡航スタイルに合った通信データサービスを選択することができます。

 KDDI、沖縄セルラーは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、これからも「auを使っていてよかった」と感じていただけるさまざまな取り組みをお客さまに提供することにより、新しい体験価値を創造していきます。

詳細は別紙をご確認ください。

 ・別紙:最新iPhone向け「海外データeSIM」のエリアを96の国・地域に大幅拡大

 ※別紙は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514799_01.jpg

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514799_02.pdf