ウエスタンデジタル、ActiveScale(TM)システムの機能拡張により増大するエクサバイト級のデータ管理に比類なきパフォーマンスと経済性を提供

機能拡張された ActiveScale OS 5.5 クラウドオブジェクトストレージシステムは、データワークフローの合理化、分散型ストレージのパフォーマンスの向上およびストレージ密度の向上によりデジタル資産の管理や保護を改善

 

■ニュースのハイライト:

 ●市場で高い評価の「ActiveScale」は、クラス最高のオブジェクトストレージパフォーマンスを提供し、データ分析やその他のビジネスクリティカルなセカンダリストレージアプリケーションを含むファイルやオブジェクトの混在ワークロードに対し、圧倒的なスケーラビリティと並外れたデータ持続性を提供

 ●新たな機能には、合理化されたワークフローのためのリアルタイムオブジェクト通知を備えたデータパイプラインサービスや、パフォーマンスを損なわない非同期型で Geo-Spread のマルチサイト DR を実現

 ●ビジネスの要求に応じ拡大を続ける IT インフラに対応するためストレージ密度を 16%向上

 ●2019 年 7 月 30 日、午前 10 時(太平洋時間)に開催されるウエスタンデジタルのウェビナー( http://pages.westerndigital.com/webinar_listings.html?commid=366712 )で、業界の専門家による総合的データ戦略の構築についてのセミナー開催。録画版も提供予定

 2019 年 7 月 30 日、米国カリフォルニア州サンノゼ発—ウエスタンデジタル(NASDAQ:WDC)は本日、拡大を続ける非構造化データから価値抽出、保存および管理するための最高のパフォーマンスとコスト効率を発揮するオブジェクトストレージプラットフォームとして、ActiveScale( https://www.westerndigital.com/ja-jp/products/storage-systems/activescale-systems )ストレージシステムの機能拡張を発表しました。OS 5.5 の採用により、ワークフローの合理化、マルチサイトのデータ分散における待機時間の削減といった、包括的な一連のデータ管理能力を拡張し、IT インフラにおける ActiveScale の重要性がさらに増しています。

 企業は、多数の非構造化データソースからタイムリーに情報を抽出するには、パフォーマンスの持続性と拡張時のコスト予測が可能なことの双方を備えた、適切なインフラストラクチャが必要であることの認識が高まっています。一方では、ほとんどのデータは保存や分析をされることがなく、データのサイロ化が存続し、データ管理は不十分なまま、さらに単なるデータの発掘や作成に過度の時間が費やされているという調査結果が示されています。このような問題を解消するため、多くの IT 業界のリーダーらが、圧倒的なデータ持続性、拡張性、操作の容易性、比類なきストレージ経済性を備えたクラウドスケールのオブジェクトストレージソリューションである ActiveScale に注目しています。

■業界をリードするスケールアウト性能

 HDD ベースのオブジェクトストレージとして代表的な ActiveScale は、そのスケールアウトアーキテクチャを活用し、人工知能、機械学習、HPC ワークロードといったデータ集約型アプリケーション向けに、ほぼリニアなフォーマンスを提供しています。ActiveScale X100 は、業界をリードするパフォーマンスにより、 OS 5.5 と組み合わせることで、スケールアウト構成における最大 75GB/秒のデータスループットが見込まれており、大規模なデータワークフローに対する理想的なソリューションとなります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0515691_02.pdf