NRIセキュア、グループ会社やサプライチェーンのセキュリティリスクをWeb上で一元管理できるサービスを提供開始

〜セキュリティ対策実行支援プラットフォーム「Secure SketCH」の新プラン〜

 

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)は、従来から提供しているセキュリティ対策実行支援プラットフォーム「Secure SketCH(セキュアスケッチ)」において、企業の国内・海外拠点やグループ会社、さらに外部委託先等のサプライチェーンまでを範囲に含めた情報セキュリティ対策の状況を評価し、継続的に一元管理ができる「GROUPSプラン」の提供を、本日開始します。

 近年、情報セキュリティリスクの管理は経営レベルの課題となっており、企業グループを統括する立場の企業は、グループ全体のセキュリティを統制・管理する責任があります。また、中小企業を含む企業全般を標的としたサイバー攻撃による被害が深刻になっていることから、企業は自社の取引先や外部委託先を含め、サプライチェーン全体にわたってセキュリティリスク管理をさらに強化していくこと1が求められています。

 一方で、統括企業や委託元企業がセキュリティリスク管理の対象を、自社のグループ会社やサプライチェーンまで広げようとする場合、セキュリティについての高度な専門性を必要とする、次のような業務が多く発生します。

 ・グループ会社やサプライチェーンの対策状況評価に適した調査項目、及び評価ロジックの設計

 ・海外拠点を対象に含む場合、言語の翻訳やグローバルなセキュリティ基準との整合性への配慮

 ・対象各社が優先的に実施すべき対策について、フィードバックや各社の進捗状況の継続的な管理

 ・グループ会社やサプライチェーンのセキュリティリスクを一元管理するために必要な予算の確保

 GROUPSプランは、Secure SketCHの評価対象を、自社だけからグループ全体、またはサプライチェーンに拡大させることができる新プランです。このプラットフォームを活用することで、継続的なセキュリティリスク管理を低い業務負荷、かつ低廉なコストで実現できます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516331_01.pdf