スマートフォンの生体認証でPCログイン「SmartOn MK5」を提供開始

 

 株式会社ソリトンシステムズ(代表取締役社長:鎌田信夫 以下ソリトン)は、スマートフォンを利用した生体認証によるPCログイン機能を実現するクラウドサービス「SmartOn MK5(スマートオン マークファイブ)」を開発、2019年9月より提供開始します。

 ソリトンでは、以前よりPCログイン時のセキュリティ製品として二要素認証を行う「SmartOn」シリーズを開発・販売してきました。その中で、セキュリティ強化だけでなく、ユーザーが簡単・安価に利用できることも重要になってきました。この度、提供を開始するSmartOn MK5は、ユーザーが所持するスマートフォンの「顔または指紋」を用いた生体認証を利用することで、ユーザーのPCログインを可能にしたものです。尚、この製品は、ソリトン デンマークの開発グループとの共同作業によるもので、新しいアプリ基盤、SCAP(Soliton Cloud Application Platform)を使用するアプリシリーズの第一弾です。

【SmartOn MK5の特長】

●スマートフォンを利用してログイン認証を簡単に

 ・スマートフォンの生体認証を利用し、本人認証します。

 ・スマートフォンのアプリから、対象のPCを選択してログインできます。

 ・複数のPCを持つ場合でも、1つのスマートフォンでログインが可能となります。

 ・共有PCでも、複数のスマートフォンからログインが可能となります。

●ログイン承認機能で端末利用状況を把握(近日提供予定)

 ・特定の端末へのログイン時には、承認を必要とすることで不必要な端末利用を抑制できます。

 ・業務時間外のログイン時には、上長などによる承認機能を設定することで、勤務時間の把握が可能になります。

●パスワードレスを支援するパスワードマネージャー(近日提供予定)

 ・各サービスやアプリケーションへのシングルサインオンが可能となります。

 ・個人管理のパスワードを登録することで、ユーザーによるパスワードレス環境を確立できます。

 【販売価格(定価)】1ユーザーあたり月額100円(税別)〜

 【提供開始】2019年9月

 【製品ページ】 https://www.soliton.co.jp/mk5/

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

【SCAP (Soliton Cloud Application Platform)について】

 セキュリティ(暗号化と相互認証)と個人データ保護の機構を組み込んだクラウドサービス基盤。クラウド側ではDockerコンテナを活用し、クライアントデバイスとクラウドのそれぞれのコンテナ上で、セキュアにアプリとサービスが動作するアーキテクチャーとなっている。

【株式会社ソリトンシステムズについて】

 1979年の設立以来、ソリトンシステムズはIT・エレクトロニクス業界にあって、常に新しい技術トレンドを見据え、いくつもの「日本で初めて」を実現してきました。近年は、認証を中心としたITセキュリティからサイバー対策製品まで、また、携帯電話回線やWi-Fiを利用したハイビジョン・レベルの映像伝送システムなどに取り組んでおります。国産メーカーとして、オリジナルの「もの創り」、「独創」にこだわった製品とサービスを提供しております。

 設立:1979年、売上152億円(2018年12月期・連結)、東証1部

  https://www.soliton.co.jp/ 

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516451_01.JPG