インターネット分離環境での安全なウェブ閲覧を支援する機能を搭載

「Soliton SecureBrowser」の新版をリリース

 

 株式会社ソリトンシステムズ(代表取締役社長:鎌田信夫 以下ソリトン)は、「Soliton SecureBrowser Windows 版、以下 SSB」の新版を 8 月 8 日より出荷開始します。

 SSB は、情報漏えいや情報の持ち出しを防止する Browser として多くのユーザーに採用され、特にテレワーク環境での安全を実現する代表的手段となっています。

 一方、サイバー攻撃や不正アクセスなど巧妙化する外部脅威への対策として、業務 LAN からのウェブ閲覧を分離する「インターネット分離」環境が多くの自治体などで一般化しています。

 今回、このネットワーク分離環境で SSB が利用される場合のために、SSB に新機能を搭載(*)、新版として提供開始するものです。つまり、SSB でインターネットに接続し、ウェブサイトからファイルをダウンロード、そして、そのファイルを業務 LAN 内に一気通貫で取り込めるよう、ソリトン製ファイル転送ソフト「FileZen」との連携を実現させたものです。

 これにより、インターネット分離環境における利便性をさらに向上させました。

 *関連するゲートウェイソフト「Soliton SecureGateway」も同時にバージョンアップされています。

 ※図は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516453_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516453_02.pdf