“どのスポーツに向いているか”AIが提案する「DigSports」を製品化

〜全国の自治体やスポーツ施設向けに8月8日より販売開始〜

 

 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下 ISID)はこのほど、子どもの運動能力をセンサーで自動測定し、一人ひとりの長所に応じて、どのスポーツに向いているかをAIが提案するシステム「DigSports(ディグスポーツ)」を製品化しました。全国の自治体やスポーツ施設、イベント事業者等を対象に、8月8日より販売を開始します。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

■製品化の背景■

 政府は「日本再興戦略2016」において、2015年に5.5兆円であったスポーツ市場規模を2025年に15兆円まで拡大する目標を掲げており(※1)、このうちIoT活用により創出される市場規模は1.1兆円に達すると試算されています(※2)。

 このような状況の下、ISIDは2017年4月に子どもの運動能力測定システムDigSportsを開発、発表しました。「子どもが早い時期に自分にあったスポーツを知る機会をつくることで、将来アスリートを目指したり、生涯楽しめるスポーツと出会うきっかけを創出する」との開発コンセプトに基づき、これまで様々なスポーツイベントへの出展やスポーツショップ等への試験導入を重ね、一般利用者からのフィードバック収集と機能拡張を実施してきました。

 相次ぐメガイベント(※3)の開催を控え、全国の自治体やイベント事業者では、手軽に楽しめる体験型スポーツアクティビティの需要が高まっており、DigSportsにも数多くの反響が継続的に寄せられていることから、今般の製品化に至りました。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516470_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516470_02.pdf