さくらインターネット、シェアリングエコノミー協会とシェアリングエコノミーおよびスタートアップ支援で連携

〜協会会員と認証マーク取得事業者にさくらのクラウドを最大1年間無料提供〜

 

 インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕、以下「さくらインターネット」)は、一般社団法人シェアリングエコノミー協会(所在地:東京都千代田区、代表理事:上田 祐司、重松 大輔、以下「シェアリングエコノミー協会」)とシェアリングエコノミーおよびスタートアップ支援において連携し、シェアリングエコノミー協会のシェア会員・準シェア会員、認証マーク取得事業者に、2019年9月18日より、さくらインターネットの「さくらのクラウド」を最大1年間無料で提供します。

 シェアリングエコノミー協会は、物・サービス・場所などを共有・交換をするシェアリングエコノミービジネスを行う294社(※1)が加入する一般社団法人です。シェアリングエコノミーが持つ可能性を豊かな社会の実現につなげていくことを目指して、シェアリングエコノミーに関する法的整備、トラブルなどを想定した対応策の準備、また事業者やユーザーが前向きにシェアリングエコノミーに参加し、盛り上げていける土壌づくりのためのイベント開催などを実施しています。近年では、シェアリングエコノミー認証マークを策定し、マッチングプラットフォームにおける信頼できるサービスの確立に努めています。

・シェアリングエコノミー協会ロゴ

 *ロゴは添付の関連資料を参照

 当社は、インターネットインフラの支援としてさくらのクラウドを無料提供するほか、地方自治体のスタートアップ支援施設の運営、投資ファンドを通じた出資など、スタートアップ支援に注力してまいりました。

 さらに支援の幅を広げるべく、多くのスタートアップが参入する発展著しい(※2)シェアリングエコノミー業界に注目し、またシェアリングエコノミービジネスに参入する際に必要となるマッチングシステムについてインターネットインフラの面から支援できると考え、シェアリングエコノミー協会とこのたびの連携に至りました。

 当社は、シェアリングエコノミーを発展させようとしているスタートアップを支援し、シェアリングエコノミーの推進に貢献するとともに、これら業界・企業との交流を通じてお客さまの生の声をサービスに反映してまいります。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516471_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516471_02.pdf