「+メッセージ(プラスメッセージ)」利用者数が1,000万を突破

〜1,000万ポイントなどが当たるキャンペーンを各社が実施〜

 

 株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンク株式会社の3社は、携帯電話番号だけでメッセージのやりとりができる「+メッセージ」の合計利用者数が、2019年7月21日(日)に1,000万を突破したことをお知らせします。

 これを記念して、合計1,000万ポイントなどが当たる「『+メッセージ』1,000万ユーザー突破ありがとうキャンペーン!」を各社が2019年8月9日(金)から実施します。

 「+メッセージ」は、2018年5月から提供しており、「電話番号だけで写真や動画も送れるので便利」「シンプルなUIが使いやすい」「スタンプが全て無料でうれしい」など、お客さまに好評いただいています。

 2019年5月にお客さまが「+メッセージ」上で企業とメッセージのやりとりができる機能を拡充しました(※)。企業の公式アカウントを通じて、例えば本人認証が必要な契約内容の確認や変更といった手続きなどを簡単・便利に行うことができます。さらに、お客さまがより多くの企業が提供するサービスをご利用いただけるよう、携帯3社はこの機能をオープンプラットフォームとして公開していきます。

 [注]

 ※KDDIが提供を開始しています。NTTドコモとソフトバンクは、順次提供を開始する予定です。

 今後も携帯3社は、お客さまの生活をより安心・安全・便利にしていくことをめざして、豊かなコミュニケーション環境を実現するさまざまな取り組みを進めていきます。

 各社が実施するキャンペーンの詳細は、別紙をご覧ください。

■「+メッセージ」について

 *ロゴは添付の関連資料を参照

 「+メッセージ」は、GSMAで世界的に標準化されているRCSに準拠したメッセージサービスです。お客さまがメッセージを送受信する相手先の携帯電話事業者を意識することなく快適に利用できるよう、携帯電話番号だけでメッセージのやりとりができるコミュニケーションを豊かにするサービスとして、2018年5月に提供を開始しました。

 [注]

 ※GSMA(GSM Association)

  約800社の携帯電話事業者を中心に、220カ国・地域から1,000社以上が参加する業界最大の団体です。

 ※RCS(Rich Communication Services)

  SMSやMMSの後継のメッセージサービス規格としてGSMAにより標準化されており、全世界で採用事業者が拡大しています。携帯電話番号宛てのテキストの送受信に加え、写真や動画などの送受信やグループチャットといった、リッチなコミュニケーションとして利用可能な機能を備えています。

 ※Android(TM) 4.4以上のスマートフォンとタブレット、iOS10.0以上のiPhoneとiPadが対象です。

 ※メッセージの送受信には、パケット通信料がかかります。

 *別紙は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516590_01.png

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516590_02.pdf