2019年度 総務省の5G総合実証試験を推進

 

 KDDIは、高速・大容量、低遅延、多接続が可能となる第5世代移動通信システム「5G」(以下 5G)の実現に向け、総務省の5G総合実証試験(注)において、2019年度も、さまざまな場所・環境での多岐にわたるユースケースを想定した実証試験プロジェクトを推進し、5G技術の有用性の検証を行います。

 総務省の主導により開始される5G総合実証試験において、KDDIは、以下の2件において、5G実証試験を推進していきます。

 なお、実証試験においては、さまざまなパートナーと共同で、各種ユースケースの実現のために5Gに求められる機能や性能および社会への受容性などの評価に取り組んでいきます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516800_01.pdf