G-Tune、リフレッシュレート 240Hz対応パネルと広色域4K-UHD 有機ELパネルを採用した15.6型ゲーミングノート 2モデルを発売

 

 ※製品画像は添付の関連資料を参照

 株式会社マウスコンピューター(代表取締役社長:小松永門、本社:東京都中央区、以下マウスコンピューター)は、ゲーミングパソコン“G-Tune”(呼称:ジーチューン)から「NEXTGEAR-NOTE i5740」シリーズの後継機種として、リフレッシュレート 240Hz対応パネルと、広色域な4K-UHD 有機ELパネルを採用した15.6型ゲーミングノートパソコン2モデルを発売いたします。

 「NEXTGEAR-NOTE i5750」シリーズはリフレッシュレート240Hz対応パネルを採用しています。従来製品のパネルと比べ、動きの速い映像を滑らかに表現できるため、高速な映像表示が求められるFPSゲームタイトルに適しています。

 「NEXTGEAR-NOTE i5751」シリーズは有機ELパネルを採用しています。これにより10万:1の高コントラストを活かした深黒の表現や、明暗の差が大きいシーンにおいても広色域による鮮やかな色を表現することが可能となり、色彩豊かなMMORPGゲームタイトルをよりリアルな映像でプレイすることができます。

 「NEXTGEAR-NOTE i5750」シリーズは21万9800円(税別)から、「NEXTGEAR-NOTE i5751」シリーズは23万9800円(税別)からラインアップを揃えております。

 各モデルとも8月20日(火)より、マウスコンピューターWEBサイト、電話通販窓口、マウスコンピューターダイレクトショップの各販売窓口、および法人営業窓口にて販売いたします。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516959_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516959_02.pdf