“顧客一人ひとり”の購買行動を分析するサービスを開始

顧客の価値観ごとの潜在意識分析とアンケートにもとづくカスタマージャーニーマップを自動生成

 

 大日本印刷株式会社(DNP)は株式会社コレクシアと共同で、生活者へのアンケートに基づいて、価値観に基づいた潜在意識や行動を把握、分析することで、生活者の体験と購買行動の関連性やマーケティング課題を把握できる独自の購買行動分析サービス「価値観CJM」の提供を8月29日に開始します。

【購買行動分析サービス「価値観CJM」の概要と特長】

 「価値観CJM」は、生活者の購買意識や行動のデータである「価値観データベース」をもとに、定量的な手法で生活者の潜在意識を把握できるDNPの「価値観クラスター(*1)」と、アンケート調査により生活者一人ひとりのリアルな行動プロセスをカスタマージャーニーマップ(CJM)として自動生成する株式会社コレクシアの「消費者行動図鑑(*2)」を組み合わせ、独自の購買行動分析を行うサービスです。

 従来のCJMは、性別や年齢等の属性ごとに設計されることが多く、価値観と行動の関連性などを示す個々の顧客像までは捉えることができませんでした。今回、DNPの価値観クラスターを「消費者行動図鑑」のアンケート回答者一人ひとりと関連付けることで、個人単位のCJM(パーソナルCJM)を自動生成します。このパーソナルCJMを「価値観データベース」と関連付けることで、顧客の人物像(ペルソナ)を明確にし、コミュニケーション施策の企画・開発、価値観クラスターごとに最適化したDMの送付やデジタル広告配信等のマーケティング施策にも活用できるようになります。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

1.一人ひとりの行動と価値観を連動させた分析が可能に!

 ネット上で生活者にアンケートを実施し、その回答をもとに一人ひとりの行動を想定したパーソナルCJMを自動生成します。このパーソナルCJMを、人々の潜在意識の傾向を表す価値観クラスターごとに集約・分析することで、マーケティング課題の発見とコミュニケーション施策の実行を可能とします。

2.購買要因等における課題発見がしやすい価値観CJM

 生活者一人ひとりと関連付けられるパーソナルCJMは、データから想定されたペルソナ毎に、アンケート回答による定性的な情報を1枚のシート上に自動的に表示します。また、企業の製品・サービスに対する顧客ロイヤリティを数値化し、感情解析手法を組み込んで点数化した「エモーショナルカスタマージャーニーマップ」(*3)とも連動し、生活者の購買前後の課題を定量的に評価することも可能です。定性情報では、価値観クラスターごとに関連付けられた製品・サービスのブランドに関する認知・理解状況や体験エピソード、代替品を利用した場合の要因などを調査することで、該当するブランドに対する人々の受け入れ方を明らかにします。

【価格】

 調査設計・モニター数等により個別見積となります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0517084_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0517084_02.pdf