仮想通貨から「au WALLET 残高」へのチャージに対応

〜コード決済サービス初! 仮想通貨との連携、「au PAY」での買い物が可能に〜

 

 KDDIの提供する「au WALLET 残高」は、2019年8月21日より仮想通貨からのチャージ (入金) に対応します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 これまで、仮想通貨は銀行へ出金する必要がありましたが、このたび株式会社ディーカレット (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 時田 一広、以下 ディーカレット) の提供する「DeCurretアプリ」において仮想通貨の出金先として「au WALLET 残高」へのチャージ (入金) を選択いただけるようになります。チャージされた「au WALLET 残高」は「au WALLET アプリ」からご確認いただけます。

 これにより、簡単に仮想通貨を24時間365日即時で換金し(注1)、バーコードやQRコードをつかった新たなスマホ決済サービス「au PAY」や「au WALLET プリペイドカード」「Apple Pay」での決済サービスでお買い物のお支払いにご利用いただけるようになります。

なお、仮想通貨の出金先として、コード決済サービスを選択できるようになるのは「au PAY」が初となります(注2)。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 「au PAY」は、お手持ちの「au WALLET アプリ」から簡単な操作でご利用いただけ、アプリ上に表示されるバーコードやQRコードを店舗のPOSレジや各種端末で読み取る、または店舗が提示したQRコードをアプリで読み込むことで、お買い物・お支払いにご利用いただけるスマホ決済サービスです。

 使える場所は「スギ薬局」「ビッグエコー」「JapanTaxi」「つぼ八」「ツルハグループ」「スシロー」「カラオケ館」「てもみん」「グローバル治療院」などが追加となり、順調に拡大しています。

 KDDIグループは、生活の中心となったスマートフォンを通じてお客さまの日常生活における決済・金融サービスをより身近にする「スマートマネー構想」を始動しています。今後も「通信とライフデザインの融合」を推進し、"お客さまに一番身近に感じてもらえる会社"として、日本の現金文化からキャッシュレス社会への変革を推進することで、お客さまの豊かな生活をサポートし、新しい体験価値を創造していきます。

 詳細は別紙をご参照ください。

 ※別紙は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0517086_01.jpg

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0517086_02.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0517086_03.pdf