産業用コンピュータで世界トップシェアの台湾アドバンテック社とIIJ、産業IoT(IIoT)分野でビジネス協業を開始

-- 産業機械のリモート監視や稼働状況の可視化など業務効率化を実現するためのIoT プラットフォームを日本国内で提供開始 --

 

 Advantech Co., Ltd.(本社:台湾台北市、Chairman & CEO Ke Cheng Liu、/日本法人:東京都台東区、社長兼日本地区最高責任者:マイク小池、以下 アドバンテック)と株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、以下 IIJ)は、アドバンテックがグローバルに提供している産業分野向けIoTプラットフォーム「WISE-PaaS(ワイズパース)」の日本でのビジネス展開において協業することをお知らせいたします。

 本協業のもと、両社はWISE-PaaSの日本リージョンを共同で立ち上げ、IIJのセキュアなネットワークおよびクラウドサービスを組み込んだ日本市場向けの新たなサービス「WISE-PaaS JP(仮称)」を開発し、アドバンテックが2020年1月より提供開始いたします。

 産業用コンピュータにおいて世界トップシェアを誇るアドバンテックは、産業IoT(IIoT:インダストリアルIoT)に特化したプラットフォーム WISE-PaaSを2016年よりグローバルに展開を進めております。WISEPaaSは、工作機械等の生産設備や製造ラインに設置された同社の産業用コンピュータやデバイスから様々なデータをリアルタイムに収集し、設備やラインの状況を可視化することで、設備およびラインの稼働率把握や設備のリモート監視、予兆保全などを可能にするためのプラットフォームです。製造業を中心に、物流、運輸、交通、エネルギーなど、様々な業種のお客様に、業務効率を向上させるIoT構築に必要なシステム基盤を一元的に提供いたします。

 一方、IIJはフル MVNOならではの特性を活かした閉域モバイルネットワークやお客様専有型クラウド環境への閉域接続など、IoT用途向けに高セキュリティなネットワークとクラウドサービスを提供しており、豊富な運用実績があります。アドバンテックとIIJは、それぞれが強みをもつ技術とサービスを相互補完することで、アプリケーションから、ハードウェア、クラウド、ネットワーク、セキュリティまでをWISE-PaaS JPのサービスとしてワンストップで提供し、日本市場でのIIoTビジネス拡大を目指します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0517158_01.pdf