ネットショップ構築ASP業界初!

9/19(木)より「MakeShop byGMO」の決済方法に「LINE Pay」を追加

〜「MakeShop」をご利用のショップ運営者・新規検討者向けイベントを開催〜

 

 GMOインターネットグループのGMOメイクショップ株式会社(代表取締役社長:向畑 憲良 以下、GMOメイクショップ)は、LINE Pay株式会社(代表取締役CEO:高 永受 以下、LINE Pay社)と連携し、ネットショップ構築ASP「MakeShop byGMO(以下、MakeShop)」(URL: https://www.makeshop.jp )に、2019年9月19日(木)より新たな決済方法として「LINE Pay」(URL: https://line.me/ja/pay )を追加いたします。

 また、「MakeShop」をご利用のショップ運営者と新規検討者向けのイベントを同日に開催することが決定し、本日2019年8月22日(木)より参加申し込みの受付を開始いたしました。

 *ロゴは添付の関連資料を参照

【「LINE Pay」導入の背景】

 昨今のEC(オンライン)での取引は、時間や場所を問わず商品を購入できるという利便性から、物販分野のEC取引のうち39.3%がスマートフォンを経由しています(※1)。「MakeShop」においても、スマートフォンユーザーに親和性が高いID決済サービスの追加や機能改修に加え、スマートフォンからの閲覧にも最適なレスポンシブWebデザイン対応のデザイン編集機能「クリエイターモード」を提供するなど、スマートフォンユーザーに向けた環境整備に取り組んでいます。その結果、2018年の流通額はスマートフォンからの購入が前年と比較して17%増加しています(※2)。また、実店舗(オフライン)においてもスマートフォンで決済ができるサービスが多数登場し、キャッシュレス決済が普及し始めています。

 GMOメイクショップはこのような背景から、オンライン・オフラインの隔てなくスマートフォンでの取引が行える共通の決済サービスを追加することでユーザーの利便性を高めることができれば、購買促進へつながるのではないかと考えていました。

 一方「LINE Pay」は、月間8,100万ユーザーが利用するコミュニケーションアプリ「LINE」上で展開するモバイル送金・決済サービスとして、2014年12月より提供されています。LINEアカウントを持っていれば誰でも利用することができ、クレジットカードを持っていなくても銀行口座やコンビニでチャージした残高から送金や決済が可能なため、現在約3,600万人(※3)のユーザーが登録しています。

 そこでこの度GMOメイクショップは、オンライン・オフラインの隔てなく利用できる決済方法として、スマートフォンユーザーに親和性が高く利用しているユーザー数も多い「LINE Pay」を「MakeShop」に追加することといたしました。なお、「LINE Pay」との連携はネットショップ構築ASP業界において初となります。

  (※1)経済産業省商務情報政策局情報経済課「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」 https://www.meti.go.jp/press/2019/05/20190516002/20190516002-1.pdf

  (※2)自社調べ(2019年3月時点)

  (※3)LINE Pay社調べ「LINE Pay」国内登録ユーザー(2019年6月時点)

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0517236_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0517236_02.pdf