NEC、ローソンが実施するスマート店舗(深夜省人化)実験において入店管理システムやセルフレジなどを提供

 

 NECは、株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下 ローソン)が8月23日(金)午前0時より約半年間実施するローソン氷取沢町店(横浜市磯子区)でのスマート店舗(深夜省人化)実験において、QRコードでのお客様確認や映像解析技術を用いて人の識別を行う入店管理システム、自動釣銭機能が付いた完全セルフレジ(注1)、店舗内カメラを用いたクラウド型カメラサービスを提供します。

 昨今、小売業では、従業員の人手不足の問題が重要な課題となっています。

 今回ローソンが実施する、深夜の時間帯の売り場の省人化を目指した店舗実験において、デジタル技術を用いた入店管理や関連する技術・サービスをNECが提供します。

 具体的には、実験店舗の自動ドアの横に入店管理機器を設置し、お客様確認後に自動ドアが開く仕組みを採用しています。お客様は、事前にローソンアプリに登録し、店舗の入店管理機器でアプリ上に表示されるQRコードを読み取るか、近隣のお客様向けに事前に発行する入店カードのQRコードを読み取ることで入店可能となります。また、QRコードをお持ちでないお客様は、入店管理機器に搭載されたカメラで顔を撮影し、NECの世界No.1(注2)の認証精度を有する顔認証AIエンジンを用いた映像解析技術により人の顔と識別されると入店可能となります。

 NECは、入店管理システムに加え、自動釣銭機能に対応した完全セルフレジや、見守り用途として、店舗内に新設した360度見渡せるドーム型ネットワークカメラなどを用いて店舗状況の確認が可能なクラウド型カメラサービスを提供し、お客様の利便性向上と安全・安心な店舗運営の実現に貢献します。

■ローソンの実験店舗概要

 ○店舗名:ローソン氷取沢町店

 ○住所:神奈川県横浜市磯子区氷取沢町425-1

 ○実験期間:2019年8月23日(金)午前0時から約半年間

 ○スマート対応(深夜省人化)時間帯:午前0時〜午前5時

 ○販売・取扱い不可:たばこ、酒類の免許品、カウンターファストフーズ、切手類、収納代行やチケット発券など、店員による対応が必要な商品・サービスを除く商品

 ○決済方法:「ローソンスマホレジ」、「完全セルフレジ」

 ○入店管理方法:QRコード認証(ローソンアプリ、入店カード)、顔撮影(撮影し人の顔を識別)

 ○店員配置:1名はバックヤードで勤務(今後、店員を配置しない営業も実施予定)

 NECは、今後ローソンが実施する実験期間中の検証や、取り扱い商品の拡大、システム改修や運用方法の見直しを継続的に支援する予定です。

 NECは、2020年度までの3カ年の中期経営計画「2020中期経営計画」のもと、生体認証やAI・IoTなどの先進技術を活用し、今後も快適で心地よい顧客体験を生み出し続ける店舗運営の実現「Smart Retail CX」に取り組みます。これにより人やモノ、プロセスの情報・状態をバリューチェーン全体で共有し、新たな価値を生み出す「NEC Value Chain Innovation」(注3)をお客様と共に実現していきます。

以上

 ※QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です

 (注1)自動釣銭機機能付きPOSレジで、電子マネー・クレジットカード・バーコード決済などのキャッシュレス決済に加え、現金での支払いが可能

 (注2)NEC、米国国立標準技術研究所(NIST)の顔認証技術ベンチマークテストで4回連続の第1位評価を獲得

  https://jpn.nec.com/press/201703/20170316_01.html

 (注3)NEC Value Chain Innovation:

  最先端のデジタル技術を活用し、お客様との共創活動を通じて、人やモノ、プロセスを企業・産業の枠を超えてつなぎ、新たな価値を生み出すNECの事業領域。地球との共生、企業の持続的な成長と人が豊かに生きる社会の実現に貢献。

  https://jpn.nec.com/nvci/index.html