「AR」×「IoT」で設備保全業務を革新!!

「Smart Ready IoT AR 設備保全ソリューション」を提供開始

 

 コネクシオ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井上 裕雄、以下、コネクシオ)は、世界的な重電メーカーであるシュナイダーエレクトリック社(以下、シュナイダー)の製造現場向けAR(*1)ソリューション「EcoStruxure Augmented Operator Advisor」と当社のIoTサービスを連携した「Smart Ready IoT AR 設備保全ソリューション」(以下、本ソリューション)を、2019年8月23日より提供開始します。本ソリューションでは、機器の導入支援からARコンテンツ開発、PLCおよびセンサー等とのIoTデータ連携まで実現します。これにより、確実な点検記録とミス防止、設備保全作業全般の効率化、および作業ノウハウの迅速な共有と平準化による効果的な人材育成を実現します。

  *1:Augmented Reality。拡張現実感。現実世界からの情報を元にデジタル情報を重ね合わせ、視覚的に現実を拡張した表現を可能にする技術。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0517309_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0517309_02.pdf