インテック、統合ログ管理ソフト「LogRevi」のオプションとして「Cloud Receiver for Office 365」をリリース

〜Office 365の監査ログを連携し、テンプレートで簡単に分析が可能に〜

 

 TISインテックグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:北岡隆之、以下インテック)は、統合ログ管理ソフトウェア「LogRevi(ログレビ)」のオプションサービスとして、「Office 365」の監査ログをシームレスに連携する「Cloud Receiver for Office 365」を2019年9月3日より提供開始します。

 「Cloud Receiver for Office 365」を導入し、「Office 365」の監査ログをLogReviと連携することで、以下のメリットがあります。

<LogReviとOffice 365の連携によるメリット>

 ・Office 365の監査ログを任意の期間、保存することができる。

 ・膨大な量のログに対して、特定ログの検索を高速にできる。

 ・他システムのログも統合して確認することで、従業員の行動をより詳細に確認できる。

 ・ログの統合と特定ログの高速検索により、日々のモニタリング業務の運用コストを削減できる。

 ・ログ容量を50%以下まで圧縮できるため、ストレージにかかるコストの削減ができる。

■背景

 昨今のクラウドサービス型グループウェアの普及により、ユーザー同士で簡単にファイルを共有することができるようになりました。また、クラウド上のファイルを各端末に同期することで、オンライン/オフラインを問わず、どこからでも作業できる環境が整いつつあります。一方で、グループウェアが多機能化するとサービス利用者が予期しない操作(アカウント作成/削除、不正アカウントへのファイル共有等)をする可能性も増えるため、管理者は利用者の操作状況を把握できる環境を構築しておくことが重要となります。

 「Cloud Receiver for Office 365」を導入することで、「Office 365」のログを長期間保存できるようになり、万が一、情報漏えい事故が発生した場合、その事故が発生した経路や原因などの状況を付属のテンプレートで簡単に分析することが可能です。

■「Cloud Receiver for Office 365」の概要

 「Cloud Receiver for Office 365」は、Microsoft社が提供する「Office 365」利用時に発生するログをLogReviで活用するためのパッケージです。ログを収集する「収集プログラム」、収集したログをLogReviで処理するための「ログ定義」、LogReviで処理したログを活用するための「レポートテンプレート」から構成されます。

 <提供価格>50万円(1ライセンス)

 ※図は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518180_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518180_02.pdf