大日本印刷とFLUX 広告枠の収益最大化を支援する「DNPヘッダービディングソリューション」を提供

プログラマティック広告の公平性を高め、媒体社の広告収益を高める

 

 大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、データに基づいたリアルタイムに広告枠の自動買い付けを行う「プログラマティック広告配信」を行う際、公平に入札を行う「ヘッダービディング」に強みを持つ株式会社FLUX(フラックス)と、2019年8月にライセンス契約を締結しました。

 ヘッダービディングは、複数の広告主の間で公平に入札を行い、最も高い価格で入札された広告を優先的に配信する仕組みです。広告枠を提供する媒体社にとっても、自社の広告枠の空きを減らして、最も高い単価で提供できるメリットがあります。2019年9月10日より、DNPとFLUXは、Webサイトに広告枠を持つ出版社等の企業へ「DNPヘッダービディングソリューション」の提供を開始します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

【サービス提供の背景】

 豊富なコンテンツを持つ出版社は近年、雑誌ブランド等を活かしたWebサイトに力を入れており、そのサイトの広告が重要な収益源のひとつになっています。出版社は広告枠を提供するプラットフォーム「SSP(Supply-Side Platform)」を複数活用し、リアルタイムに広告枠の自動買い付けを行うプログラマティック広告配信を行っています。しかし、従来のプログラマティック広告は、“水が落ちる”ように決まった順番で、条件に合った広告を1件ずつSSPに問い合わせる“ウォーターフォール形式”が多く、高い広告単価の在庫を持っているSSPがあっても、最初の確認したSSPで条件があえば安い単価の広告が出るという問題がありました。また、1件ずつSSPに問い合わせるため、広告配信までに時間がかかっていました。こうした課題にDNPは、同時に複数のSSPに広告枠の条件を提示して、公平に審査した上で、1番高い単価を提示したSSPで広告を配信する「DNPヘッダービディングソリューション」を提供し、出版社などの媒体社の広告収益を最大化する支援を始めます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518730_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518730_02.pdf