Apple、Apple Watch Series 5を発表

常時表示Retinaディスプレイ、内蔵コンパス、海外における緊急通報を搭載

 

 ※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

 Appleは本日、スリープすることのない新しい常時表示Retinaディスプレイを搭載したApple Watch Series 5を発表しました。常時表示Retinaディスプレイは、手首を上げたりディスプレイをタップすることなく、時刻や大切な情報を簡単に見ることができます。内蔵のコンパスや今いる場所の高度の表示など、新しい位置情報機能は、ユーザーの日常のナビゲーションをもっと快適にします。また、海外における緊急通報機能1により、150以上の国で、iPhoneが近くにない場合でも、Apple Watchから直接緊急サービスへの通報を行うことができるようになりました。Apple Watch Series 5は、素材の選択肢が広がり、アルミニウム、ステンレススチール、セラミック、新しいチタニウムから選ぶことができます。ユーザーはwatchOS 6のパワーと、周期記録、ノイズアプリケーション、アクティビティのトレンドなどの新機能を組み合わせることで、健康とフィットネスを自在に管理することができます。

 ※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

 「Apple Watchはこれまでもお客様の日常に意義のある影響をもたらしてきましたが、Apple Watch Series 5とwatchOS 6により、できることがさらに増えました。新しいハードウェアとソフトウェアのシームレスな統合は、さらに優れた体験をもたらし、活動的な生活を維持することや大切な人や情報とつながることがこれまで以上に簡単になります」と、Appleの最高執行責任者であるジェフ·ウィリアムズは述べています。

 本日よりApple Watch Series 5(GPSモデル)は41の国と地域で注文可能で、Apple Watch Series 5(GPS + Cellularモデル)は22の国と地域で注文可能です。両モデルとも9月20日(金)より店頭での販売が開始されます。

 ※参考画像(3)は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518882_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518882_02.jpg

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518882_03.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518882_04.pdf