iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Max:最もパワフルかつ先進的なスマートフォン

プロにふさわしい美しいディスプレイ、A13 Bionic、プロレベルの最先端カメラシステム、そしてiPhone 11 Pro Maxには、iPhone史上最長の駆動時間を誇るバッテリーを搭載

 

 ※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

 Appleは本日、プロレベルの新しいiPhoneとして、iPhone 11 ProおよびiPhone 11 Pro Maxを発表しました。この新しい2モデルは、最高レベルのスマートフォンを求めるユーザーに向けて先進的なパフォーマンスを提供します。新しいSuper Retina XDR ディスプレイは、プロという名がつくにふさわしいディスプレイで、iPhone史上最も明るい画面を備えています。Appleが新たに設計したA13 Bionicチップは、あらゆる作業に比類のないパフォーマンスを発揮する一方で、一日中使え、かつてないほど飛躍的に延びたバッテリー駆動時間を実現します。新開発のトリプルカメラシステムは、超広角、広角、望遠の3つのカメラにより、まさにプロレベルのカメラ体験を提供します。同時に、新しいカメラシステムは、明るさが足りない場所での撮影でも絶大な機能の向上を果たしたほか、スマートフォンとして最高品質のビデオ撮影が可能になったことで、動きのあるビデオなどの撮影にも効果を発揮します。

 iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxは、美しい新色のミッドナイトグリーンを含む、非常に美しい4つの仕上げでお届けします。予約注文は9月13日(金)より開始、店頭販売は9月20日(金)からの開始を予定しています。

 ※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

 「iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxは、私たちがこれまでに作り出した中で最もパワフルかつ先進的なスマートフォンです。そこには、プロがプロとしての仕事をする手助けをしてくれるような洗練されたテクノロジーが満載されていますが、これは同時に、たとえプロでなくとも本当に最高レベルのデバイスを求めるすべての人々に用意されたものでもあります。iPhone 11 Proは、iPhoneとしては初となるトリプルカメラシステムを備え、これも私たちが作り上げた中では群を抜く最高品質のカメラであり、iOS 13の機能に含まれる幅広いクリエイティブな表現と、先進的な写真およびビデオ編集機能を提供します。Super Retina XDRは、iPhone史上最も明るく、最も先進的なディスプレイで、A13 Bionic チップはスマートフォンの処理能力と電力効率について新しい基準を設定しました」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。

 ※参考動画は添付の関連資料を参照

■プロとよぶにふさわしいデザインとディスプレイ

 iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxの背面は質感のあるマットガラス製で、側面は磨き上げられたステンレススチール製フレームから作られており、美しい新色のミッドナイトグリーンを含む、魅力的な4つの仕上げが用意されています。iPhone史上最もパワフルなデバイスは耐久性も考慮して設計されており、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxはスマートフォンが搭載した中で最も頑丈なガラスと、IP68等級に適合する最大水深4メートルで最大30分間の耐水性能を備えています。これで、コーヒーやジュースなど、日常よくこぼすような液体からもしっかり守れます。(1)

 新登場のSuper Retina XDR ディスプレイは、特別に設計されたOLEDで、映画やその他の高解像度ビデオを、最大輝度1,200ニトの明るさで、臨場感のあるHDR(High Dynamic Range)で視聴することができます。Super Retina XDRがシステム全体のカラーマネジメントを通じて幅広い色をサポートする一方で、True Toneがより自然な視覚体験を提供します。コントラスト比 2,000,000:1 と真の黒とが相まって、HDRのビデオと写真ではより鮮やかな視覚体験を楽しめます。さらには、Super Retina XDR ディスプレイは電力効率もさらに向上しています。よく利用するアプリケーションの操作は、iOS 13と深く統合された触覚タッチを使って素早く、シームレスに操作することができます。例えばカメラでセルフィーを撮ったり、カレンダーで予定をチェックしたり、メールをプレビューしたりといった毎日行なう操作をホームスクリーンでアプリケーションのアイコンを押すだけで、アプリケーションショートカットを実行することができます。

 ※参考画像(3)は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518884_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518884_02.jpg

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518884_04.jpg

参考動画

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518884_03.pdf

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518884_05.pdf