LINE社とのパートナーシップにより、LINEの新デジタルチラシサービス「LINEチラシ メディアフォーマット」を先行販売

集客・購買でのROI最適化と利用企業の入稿業務軽減に向けて専用の入稿システムも提供

 

 大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、LINE株式会社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」内に2019年10月以降追加される予定のデジタルチラシサービス「LINEチラシ メディアフォーマット」の商品情報・チラシ情報の掲載において、初のパートナーとして、流通・小売企業への先行販売を開始します。

【「LINEチラシ」の概要

 LINEチラシは生活者の毎日のお買い物がもっと楽しく、便利になるLINEの新しいデジタルチラシサービスです。「ADフォーマット」「メディアフォーマット」「メッセージフォーマット」の3つで構成されます。

 ◇参考画像は添付の関連資料を参照

 (左から)商圏エリアターゲティングによる広告配信が可能な「LINEチラシ ADフォーマット」、LINEのユーザー属性や利用状況に応じて、ユーザーごとに最適化された商品情報を配信できる「LINEチラシ メディアフォーマット」、商圏エリア内のロイヤル顧客に対して「LINE公式アカウント」を通じたプッシュ通知による訴求が可能な「LINEチラシ メッセージフォーマット」

 ※イメージです。サービス開始時のデザインと異なる場合があります。

【LINEチラシの特長】

1. LINEのユーザー数を活かした大規模なリーチを実現

 広告主となる企業各社は、国内で月間8,100万人が利用する(*)LINEアプリ上で、折込チラシが届いていない非新聞購読層も含め、幅広い年齢層の多くのユーザーに商品情報等を訴求できます。LINEユーザーはLINEアプリだけで「LINEチラシ」のサービスを簡単に利用できます。

 *2019年6月時点

2. 顧客のステータスに応じたアプローチが可能

 各店舗の商圏内にいるLINEユーザーへのリーチだけでなく、店舗における潜在顧客を新規顧客化、ロイヤル顧客化への育成を、「LINEチラシ」の3つのフォーマットを活用し、実現することができます。

3. 一人ひとりのLINEユーザーに最適化(パーソナライズ)した情報を届ける

 LINEユーザーの属性や利用状況、生活エリアをもとに、個人に最適化した内容でLINEユーザーに情報を届けることができます。これにより、LINEユーザーは本当に必要な商品情報に出合う確率が高くなり、買い物の体験価値の向上のつながります。また、情報を配信した企業は、来店や購買効果を高めることが期待できます。情報はチラシ全体だけでなく商品単位で掲載・管理することも可能です。

 ◇以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518908_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518908_02.pdf