LINEを活用したデジタルチラシサービス「LINEチラシ」の先行販売開始

LINEのユーザー数を活かした大規模リーチやパーソナライズ配信が可能

 ターゲットや目的に応じて選択可能な3つのフォーマットを提供

 「LINEウォレット」上でのパーソナライズ配信・レコメンドが可能な「メディアフォーマット」はDNPを初のパートナーとして、流通・小売企業へ先行販売

 

 LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」を活用した、スマートフォンに最適化したデジタルチラシサービス「LINEチラシ」の先行販売を開始いたしましたので、お知らせいたします。

■ターゲットや目的に応じて選択可能な3つのフォーマットを提供する「LINEチラシ」

 「LINEチラシ」は、これまでオフラインでの配布が中心だったチラシやDM(ダイレクトメール)を、ユーザーの興味関心・生活エリア・タイミングに合わせて、パーソナライズされた状態で「LINE」を通じて配信する、スマートフォンに最適化したデジタルチラシサービスです。

 近年、新聞の発行部数は2008年以降10年連続で1世帯あたり1部を割り込み、2018年では1世帯あたり0.70部まで減少(*1)しています。また、新聞購読率は20代で約7%、もっとも購読率の高い60代でも60%弱にとどまる(*2)など、小売企業にとって、広告媒体としての新聞折込チラシのリーチ力は弱まりつつあります。

 *1日本新聞協会「新聞の発行部数と世帯数の推移」より

 *2総務省「平成29年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」より

 このような背景を受けLINEでは、今年3月には株式会社ダイエーと共同で「LINE」と位置情報を活用した店外集客施策の実証実験を行う(*3)など、「LINE」上でのデジタルチラシの活用方法を検証してまいりましたが、この度、スマートフォンに最適化したデジタルチラシサービス「LINEチラシ」として、先行販売を開始いたしました。

 *3 詳細はこちらのプレスリリースをご参照ください: https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2019/2650

 「LINEチラシ」では以下3つのフォーマットが提供され、広告主はチラシ配信のターゲットや目的に応じてフォーマットを選択することが可能です。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518909_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518909_02.pdf