業界初のデータ・プライバシー機能を備えた最新メインフレーム「IBM z15」発表

高度なセキュリティーとオープンなアプリケーション開発を加速する

ハイブリッド・マルチクラウド・プラットフォーム

 

 [米国ニューヨーク州アーモンク - 2019年9月12日(現地時間)発]

 IBM(NYSE:IBM)は本日、ハイブリッド・マルチクラウド環境全体で顧客データのプライバシーを管理する機能を備えた新たな企業向けプラットフォーム、IBM(R) z15を発表しました。z15を使用すると、お客様は、ポリシー・ベースの制御により、ハイブリッド・クラウド全体にコピーされるデータに対するアクセスを無効化する業界初の機能により、IBM Zを中心にデータを完全に保護することができます。

 取引先やサード・パーティー間のデータの移動は、しばしばデータ漏えいの原因となります。実際、企業の60%は、2018年にベンダーまたはサード・パーティーに起因するデータ漏えいを経験したと報告されています。(*1)

 ハイブリッド・マルチクラウド環境の採用が増加するにつれて、データ・セキュリティーとプライバシーを維持管理する課題はますます深刻かつ困難になります。

 IBM z15システムでは、4年間にわたって開発を進め、100社を超える企業からのフィードバックを得て共創し、その間3,000件を超えるIBM Z特許を取得・出願済みです。IBM SystemsとIBM Researchによる継続的な投資で実現した主要なz15のイノベーションには、以下が含まれます。

 ・あらゆる場所での暗号化 - z15内のすべてのデータを暗号化する全方位型暗号化技術に加えて、顧客がデータを保存、共有する際の制御を可能とする新しいData Privacy Passports技術をIBMは公開しました。これにより、z15環境内だけでなく、企業のハイブリッド・マルチクラウド環境にわたり、常にデータを保護し、プロビジョニングし、データへのアクセスを無効化する機能が実現します。

 ・クラウド・ネイティブな開発 - 導入済みのアプリケーションをモダナイズする方法を発展させることによりお客様に競争優位性を提供します。新しいクラウド・ネイティブなアプリケーションを構築し、クラウド全体で重要度の高いワークロードをセキュアに統合します。お客様は、次世代のアプリケーションの構築、展開、管理を行い、高度なセキュリティーを通じてデータを保護できるので、ミッション・クリティカルなワークロードに対してIBM Zはハイブリッド・クラウドの中核となります。

 ・短時間での回復 - 計画停止時間と計画外停止時間のコストとその影響を最小化するための業界初のアプローチです。ある一定時間の間に、IBM Zサービスのシャットダウンと再起動を高速化するためにすべてのシステム・キャパシティーを利用し、時間の損失を極力無くすことができます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0519106_01.pdf