NVIDIAと協業してクラウドゲーミングサービス

「GeForce NOW Powered by SoftBank」を提供

〜2019年冬のベータ版サービス提供に先立ち、本日から申し込み受け付けを開始〜

 

 ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、NVIDIA Corporation( https://www.nvidia.com/ja-jp/ )(以下「NVIDIA」)と協業し、NVIDIAのクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW(ジーフォースナウ)」の日本版サービスとして、2019年冬からベータ版サービス(無料)(※1)を、お申し込みいただいた方の中から抽選で提供します。ベータ版サービスの提供に先立ち、9月19日から申し込み受け付けをウェブサイト( https://cloudgaming.mb.softbank.jp/ )で開始します。「GeForce NOW Powered by SoftBank」はキャリアフリーで楽しめるサービスです。

 「GeForce NOW( https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/ )」は、NVIDIAが世界で展開するクラウドゲーミングサービスです。ゲームで遊ぶときに発生する負荷がかかるデータ処理を「GeForce NOW」のサーバー側で行った上でストリーミング配信するため、高負荷な処理ができないパソコンやタブレット、スマートフォンなどデバイスの種類を問わずに、高性能を要求するゲームがいつでもどこでも楽しめるようになります。現在、北米と欧州で「GeForce NOW」のベータ版サービスが提供されており、約500タイトルのゲームがサポートされています(※2)。

 こうした中、ソフトバンクは「高速・大容量」「低遅延」の通信が可能になる5G(第5世代移動通信システム)時代の新たなゲーム体験の実現に向けて、NVIDIAと協業して「GeForce NOW Powered by SoftBank」を提供することとなりました。

 「GeForce NOW Powered by SoftBank」の詳細は、ウェブサイトや公式Twitterアカウント(@softbank_gfn)で順次お知らせします。

[注]

 ※1 ゲームソフトの購入代金や通信料が別途かかる場合があります。詳細はウェブサイトなどでご案内します。

 ※2 2019年9月19日時点

 ・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

 ・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。