CAPELLIX RGB LED 搭載、iCUE 対応ワイヤレスゲーミングキーボード

革新的なイルミネーションを実現する CAPELLIX RGB LED 搭載

SLIPSTREAM CORSAIR WIRELESS TECHNOLOGY 搭載

インテリジェントコントロールシステム iCUE 対応

6 個のマクロ登録に特化した専用マクロ G キー

誤操作を防止する Windows ロックキー、マルチメディアキー搭載

CORSAIR Gaming K57 RGB WIRELESS

 

 株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区、代表取締役:川島義之)は、革新的なイルミネーションを実現する CAPELLIX RGB LED 搭載、iCUE 対応ワイヤレスゲーミングキーボード CORSAIR Gaming K57 RGB WIRELESS を 2019 年 9 月 28 日より、全国の PC パーツ専門店にて発売いたします。

◆K57 RGB WIRELESS

 K57 RGB WIRELESS は、CAPELLIX RGB LED を搭載した iCUE 対応のワイヤレスゲーミングキーボードです。独自の通信技術「SLIPSTREAM CORSAIR WIRELESS TECHNOLOGY」を搭載、1ms の超低遅延で接続する 2.4GHz 高速ワイヤレスと、セキュリティを高めた Bluetooth(R)4.2+LE、2 つの無線通信と付属のUSB ケーブルによる有線接続に対応します。インテリジェントコントロールシステム iCUEによって、高度なマクロプログラミング、豊富なキーバインド制御を実現、ダイナミックな RGB イルミネーション制御のほか、互換性のある CORSAIR ハードウェアを一括管理することができます。

 ※製品画像は添付の関連資料を参照

◆K57 RGB WIRELESS 製品特徴

・革新的なイルミネーションを実現する CAPELLIX RGB LED 搭載

 超小型の CAPELLIX RGB LED を搭載しています。従来の SMD タイプのモジュールと比較して 92%の小型化、40%の省電力化、60%の高輝度化、35%の長寿命化を実現した革新的な LED ソリューションです。

 CAPELLIX RGB LED はアドレッサブル制御に対応、CORSAIR iCUE によるダイナミックな RGB イルミネーションを実現します。

・独自の通信技術 SLIPSTREAM CORSAIR WIRELESS TECHNOLOGY

 従来の 2倍となるパケット伝送と、動的な周波数切り替え制御 Intelligent Frequency Shift (IFS)が実現する、超高速無線伝送およびマルチデバイス接続対応の独自通信技術「SLIPSTREAM CORSAIR WIRELESS TECHNOLOGY」を搭載、1ms の超低遅延で高速データ転送を可能にした 2.4GHz 高速ワイヤレスは、付属の USB ドングルを PC に接続するだけで簡単にワイヤレス通信が可能です。強力な信号耐性により約10m の通信範囲を実現することでオフラインイベントや e スポーツトーナメントで絶大な信頼性を発揮します。また、セキュリティを強化した Bluetooth(R)4.2 接続は、低消費電力で通信が可能な Bluetooth Low Energy (LE)規格にも対応しており、バッテリー消費を抑えることで連続したプレイが可能になります。

・インテリジェントコントロールシステム iCUE 対応

 強力なインテリジェントコントロールシステム、iCUE に対応しています。リアルタイムのスマートチューニング、ダイナミックな RGB イルミネーション制御、高度なマクロプログラミングのほか、互換性のあるCORSAIR ハードウェアを一括管理して同調ライティングを実現した統合ユーティリティです。

・6 個のマクロ登録に特化した専用マクロ G キー

 マクロ登録専用の 6 個の G キーを搭載しています。キーボード左側に備えられた G キーは、iCUE によってマクロレコード中に操作されたすべてのキー操作を記録、一度登録されたマクロは G キーを押した瞬間にすばやく再生されます。

・Windows ロックキー、マルチメディアキー搭載

 誤操作によるプレイ離脱を防止する Windows ロックキーと、ボリュームアップ、ボリュームダウン、ミュート、再生、停止、進む、戻るが手元で操作できる便利なマルチメディアキーを備えています。

・快適な入力をサポートするパームレストを付属

 快適なキーボード入力をサポートするパームレストを付属しています。パームレストは取り外しが可能で、お好みに合わせて使用することが可能です。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0519554_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0519554_02.pdf