UiPath社、国内初となるRPAとAIの連携ソリューション研究開発施設「UiPathxAI Lab Japan」を開設

 30社以上のAI企業が参加し、RPAと各種AIソフトウェアの連携ソリューションを開発・実証実験

 

 東京発 2019年9月20日−ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下「RPA」)ソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、2019年9月20日(金)〜12月27日(金)の期間、国内初となるRPAとAIの連携ソリューション研究開発施設「UiPathxAI Lab Japan(ユーアイパス・エーアイ・ラボ・ジャパン、以下UiPath AI Lab)」を「大手町ビル 3階」(東京都千代田区大手町1-6-1)に開設します。

 UiPath AI Labは、ユーザー企業のビジネスプロセスについて、RPAソフトウェア「UiPath」と各種AIソフトウェアを組み合わせた自動化を具体的に検討・検証する場となります。UiPath AI Lab では、UiPath社と30社以上のAI企業のエンジニアが参加し、AI-OCR、Chatbot、自然言語処理、マシンラーニング、ディープラーニング、プロセスマイニングなど、さまざまなAIソフトウェアとRPAの連携を試行し、実際のビジネスの自動化が成功裏に進められる最適な組み合わせやプロセスを見つけ出していきます。また、これまでは実現できなかった新しいビジネスモデルについても議論し、試行していきます。

 従来、ユーザー企業がRPAとAIの連携を検討する場合、ユーザー企業自身が各AI企業からテスト用のソフトウェアを提供してもらい、適用可能性をそれぞれについて順次、試していくという進め方が一般的です。このため、実証実験には多くの時間と手間を要しますが、UiPath AI Labを利用することで、複数のAIソフトウェアを同じタイミングでまとめて試し、その場でソフトウェアごとの差異についても検討できます。また、UiPath AI Labでは、ここで行われる様々な実証実験の実績も蓄積していくため、そのノウハウも享受できます。RPAとAIを活用した業務自動化の実証実験を、これまでと比べて大幅に効率的に、かつ質の高いレベルで行うことが可能になります。

 UiPath AI Labでは、このほかにも、ユーザー向けに、特定のAIソリューションに特化したセミナー「Tech Days」を不定期で開催するほか、RPAとAIの連携ソリューションの展示やデモが常設されます。また、「どのAI-OCRと連携したら良いか?」「自社の業務自動化に最適なテクノロジーは?」などのさまざまなニーズに応えるため、UiPathxAI Lab Japanに関するウェブページを公開しました。

 UiPath AI Labでは、「あなたの不可能を可能にするチャレンジ」をコンセプトに、ユーザーにRPAとAIの連携による具体的なイメージや新たな気づきを与え、国内企業の働き方改革を支援していきます。また、UiPath社は、本年7月30日(火)に開催した「UiPath AI Expo」において、RPAとAIの連携に関して、ユーザー100社のPoC(Proof of Concept:概念実証)を行うことを戦略として掲げました。2019年12月27日(金)まで、このUiPath AI Labにおいて、展示やデモを行っているソリューションやUiPathxAIの実証実験を希望するお客様向けに、各テクノロジーパートナーとともに、PoC導入支援キャンペーンを実施します。本キャンペーンでは、各テクノロジーパートナーのソリューションとUiPathの連携について、対象シナリオを限定させることで、短期間で実装および実証実験を行い、実際の効果を体感することができます(※)。

 ※期間、費用、対象シナリオなどは、パートナーごとにメニューが異なります。詳細は、UiPath AI Labに関するウェブページのフォームからお問い合わせください。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0519556_01.pdf