訪日外国人向け観光型MaaS「くるり奈良」実証実験を開始

〜奈良の魅力をAIが自動配信、誘客・移動・回遊をシームレスに連携〜

 

 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一)、株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:有馬 浩二)、ActiveScaler,Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Abhay Jain)、奈良交通株式会社(本社:奈良県奈良市、代表取締役社長:植田 良壽)および一般社団法人運輸デジタルビジネス協議会(所在地:東京都港区、代表理事:小島 薫)は、訪日外国人を主な対象として、旅の出発地(シンガポール)から目的地(奈良)まで、飛行機、リムジンバス、奈良市内周遊バス、タクシーなどの交通網をスマートフォンで検索・予約・決済できる観光型MaaS(Mobility-as-a-Service)「くるり奈良」の実証実験を、2019年10月1日より12月末まで実施します。

 なお本実証実験には、公益社団法人奈良市観光協会が奈良の観光情報提供で協力します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■実証実験の意義とねらい■

 昨今、地方の人口構造の変化や物流ニーズの拡大などを背景に、交通分野の課題解決策としてMaaSに注目が集まっています。本実証実験では、インバウンド観光に焦点を当て、一次交通(飛行機)と二次交通(リムジンバス、奈良市内周遊バスなど)をシームレスに統合した観光型MaaSにより旅の利便性向上を図ります。また、出発前や旅行中の観光客にAIを活用して奈良の魅力を伝える画像を配信し、周遊や滞在時間拡大を促す仕組みを構築します。

 具体的には、奈良各所のSNS映え画像をAIが自動配信するWebアプリ「くるり奈良Web」と、気に入った場所への交通手段の検索、チケット予約・決済、目的地ナビゲーションなどの機能を提供するスマートフォン向けアプリ「IMRIDE(アイエムライド)」を用いて、シンガポールから奈良への誘客・移動・周遊をシームレスに連携させます。これにより、訪日外国人のユーザー体験向上を図るとともに、域内周遊や滞在時間の少なさといった、奈良エリアの抱える課題を解決するサービスの創出を目指します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0519565_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0519565_02.pdf