金沢市・JR西日本・ドコモが「5Gを活用した地域資源共創事業」を開始

〜連携協定を締結し、第一弾として「金沢駅5Gプロジェクションアート」を開催〜

 

 金沢市、西日本旅客鉄道株式会社(以下、JR西日本)、株式会社NTTドコモ北陸支社(以下、ドコモ)は、2019年9月20日(金)のドコモの5Gプレサービス(※1)開始に合わせ、同日「5G等の高度ICT技術を活用した地域資源の共創に関する連携協定」を締結し、5G等の先進技術を用いて歴史・文化都市金沢の地域資源づくりに取り組む共同事業を開始いたします。

 本協定は5G時代を見すえ、官民が連携して5GとIoT、AR、VR、クラウドなどを活用した新たな観光名所や芸術文化等の地域資源を創り出し、街のにぎわい創出をめざすものです。

 協定にもとづく取り組みの第一弾として、9月20日(金)に5Gエリアとなる金沢駅にて、5Gプロジェクションアート「金沢 5G gate“Mimassi”」を開催します。金沢市と包括協定を結んでいる金沢工業大学の協力のもと、同じく5Gエリアとなる金沢工業大学白山麓キャンパスにおいてダンスパフォーマンスを撮影し、その模様を5Gで伝送して金沢駅に投影することで、予め制作した映像を投影する従来の手法と異なり、遠隔地とリアルタイムにつながる新たなエンターテインメントを実現します。

 この取り組みをはじめ、2019年度は3者で金沢駅をはじめとした金沢市内各所にて、北陸新幹線の開業5周年に合わせたプロジェクションアート施策などを継続的に開催し、新たな夜の名所として定着させることをめざします。

 3者は先進技術を用いた地域資源共創を通じて、5G時代における新たな地方創生の可能性を模索してまいります。

 ※1 次世代移動通信システム「5G」として割り当てられた周波数帯および商用装置を用いてドコモが構築する環境(商用サービス時と同等となる環境)です。

 *別紙は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0519623_01.pdf