ネットワールド、マルチクラウド環境を最適化する「CloudHealth by VMware」の提供およびMSPサポートを開始

CloudHealthマネージドサービスの技術支援やノウハウを全国のパートナーに提供し、クラウドビジネスを拡大

 

 ITインフラのソリューション・ディストリビューターである株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 森田 晶一)は、マルチクラウド管理ツール「CloudHealth by VMware」に関して、VMware社とManaged Service Provider(MSP)契約を締結し、本日10月1日より、ネットワールドのパートナー経由で「VCPP MSP CloudHealth(以下、CloudHealth)」を提供開始します。また、パートナー向けに、CloudHealthのPoC支援サービス、導入支援サービス、ヘルプデスクサービスなどの技術支援を提供開始します。

 CloudHealthは、Amazon Web Services(以下、AWS)、Microsoft Azure(以下、Azure)、Google Cloud Platform(以下、GCP)など複数のクラウドを使用するマルチクラウド環境を統合的に管理して優れた可視性で「利用コスト」や「セキュリティポリシー」を最適化するSaaS型のサービスです。

 CloudHealthはVMware社のパートナープログラム「VMware Cloud Provider Program(以下、VCPP)」でVMware社とMSP契約を締結したパートナーのみが提供可能なサービスです。そこで問題になるのは、独自の「サービス規約」や「サポート提供」といった契約要件がハードルになることです。

 今回、ネットワールドがCloudHealthのMSP契約を締結することで、パートナー自身がMSP契約を締結することなく、ネットワールドのCloudHealthおよびサポート体制を活用したサービスをエンドユーザーに提供することが可能になります。

 また、ネットワールドは、CloudHealthのMSPのノウハウをパートナー各社と共有することで、パートナー自身がMSPになるための継続的な支援を提供致します。10月24日にはヴイエムウェア株式会社との共同で、CloudHealthをはじめとするVMware社が提供する最新のクラウドソリューションに関するセミナー「VMware クラウドビジネス キックオフ」を開催し、クラウドサービスの市場活性化を推進してまいります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0520292_01.pdf