マイクロメイツ、中堅・中小企業向け

「業務課題 可視化サービス」を提供開始

〜業務課題を明確化しビジネスプロセスの改革を支援〜

 

 TIS インテックグループの株式会社マイクロメイツ(本社:東京都港区、代表取締役社長:羽方聡、以下 マイクロメイツ)は、中堅・中小企業における業務の可視化・業務課題の明確化を行い、より効果的な業務改善を支援する「業務課題 可視化サービス」の提供を開始することを発表します。

 さらに、グループ会社の株式会社アグレックスが提供する大企業向け「ビジネス変革サービス」とあわせ、大規模から中小規模まであらゆるお客様の業務改善支援が可能となります。

 「業務課題 可視化サービス」は、マイクロメイツが持つ業種ごとのタスク一覧を使用してヒアリングすることで、お客様に代わって業務を抜け漏れなく洗い出し、課題をわかりやすくアウトプットするサービスです。

 マイクロメイツの長年の業務マニュアル作成やユーザーサポート実績で培ってきた“ヒアリング技術”や“わかりやすく伝える表現”のノウハウと、数多くの業務改善プロジェクトから確立されたタスク一覧を組み合わせることで、業務担当者への調査にかかる負担を少なく最短6週間の短期間で、業務課題の明確化を実現します。

 また、お客様のご要望により、改善活動に向けたRPAなどのデジタルツールの導入や業務マニュアル作成、業務のアウトソーシングを含む運用など、効果的なソリューションを提案し、改善フェーズも支援します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0520512_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0520512_02.pdf