東芝マネージドサービス「Albacore(TM)」を提供開始

〜ビジネスの進化を支え、CPSを実現するIT運用サービス〜

 

 東芝デジタルソリューションズ株式会社(以下、当社)は、お客さまのIT運用をトータルにサポートし、継続的なシステム改善を実現するマネージドサービス「Albacore(TM)(アルバコア)」の提供を開始します。

 Albacoreは、ITシステムの維持・メンテナンスにとどまらず、最適化・自動化を進めながら、継続的な改善を実現する運用サービスです。東芝の幅広い事業領域で培った運用経験に基づき、最新のクラウド、IoT、AI、OSS等のテクノロジーを取り込み、成長し続けるお客さまのビジネスに貢献します。サイバー・フィジカル・システム(CPS)を実現する、エッジからオンプレミス/クラウドにわたるインフラストラクチャーの運用をフルレイヤーでサービス提供します。

 さらに、契約管理などのバックエンド業務サービスやサービスデスク、アプリケーション運用まで含めた充実したオプションサービスもラインアップとして揃えます。今後も、ITシステムの導入・運用負荷を削減し、最適なビジネス環境を実現するためのサービスラインアップの拡充を予定しています(図1)。

 ※図1は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0520842_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0520842_02.pdf