デル テクノロジーズ、「Dell EMC Isilon F810」の利用可能な容量が140%向上する最新OSを発表

データ資産から最大限の価値を引き出す最新OS

 

 デル テクノロジーズの日本における事業を展開する二社である、デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、URL:https://www.dellemc.com/ja-jp/ ):(代表取締役社長:大塚 俊彦、以下、デル テクノロジーズ)は、「Dell EMC Isilon」のオペレーティングシステムの最新版「Isilon OneFS 8.2.1」を発表しました。この最新版のOSにより、「Isilon F810」の利用可能な容量が最大140%向上します。ストレージ管理者は、爆発的に増加するデータを管理しながら、保有しているデータ資産( https://www.dellemc.com/ja-jp/data-capital/index.htm#scroll=off )の価値を最大限に引き出すことが可能になります。

 多くの企業において、最大限のビジネス成果をあげるために、クラウドやデータアナリティクス、AI、IoTなど次世代アプリケーションの活用がますます広がりを見せている中で、非構造化データの容量も爆発的に増加しています。このような環境において、増加するデータ容量を安全に保存し、アプリケーションの応答性能を高めながら、複雑性やコストを削減し、将来の変化にも対応できるストレージ インフラストラクチャーが必要とされています。

 最新OSの「OneFS 8.2.1」は、「Dell EMC Isilon F810」( http://www.dellemc.com/en-us/collaterals/unauth/white-papers/products/storage/h17549_wp_isilon_filesystem_compression.pdf )オールフラッシュ プラットフォームに、インライン重複排除機能およびハードウェア ベースのインライン圧縮機能を提供、データセンターにおけるフットプリントの省スペース化を促進しながらストレージ リソースを最適化できます。非構造化データ ストレージ市場におけるリーダーである(*1)スケールアウトNASソリューション「Dell EMC Isilon」( https://www.dellemc.com/ja-jp/storage/isilon/index.htm )が「OneFS 8.2.1」を基盤にすることで、ストレージ インフラストラクチャーをモダナイズ(最新鋭化)して、ITトランスフォーメーションをサポートすることができます。

 「OneFS 8.2.1」によって、インライン重複排除機能およびハードウェア ベースのインライン圧縮機能を提供する「Isilon F810」ソリューションは、オートモーティブ、EDA、AI/データアナリティクス、メディア エンターテインメントなど様々なワークロードに対応し、比類ない性能とストレージ容量を提供します(*2)。

 「OneFS 8.2.1」ベースの「Isilon」ストレージ ソリューションは、他にも次のようなメリットを提供します。

 ・「Isilon F810」オールフラッシュ プラットフォームで、データセットに応じて最大3:1のインラインデータ削減を実現。クラスタの利用可能な容量を最大139PBまで拡張可能(*3)

 ・「Isilon F810」のインラインデータ削減処理は、「OneFS 8.2.1」が稼働するすべての「Isilon」ストレージ プラットフォームとシームレスに相互運用が可能

 ・ストレージ容量の増加と効率の向上により、データセンターの省スペース化および利用するリソースの削減を実現

 ・「Isilon F810」は、世界最高クラスのテクノロジーと投資保護を提供するように設計されたFuture Proof Loyaltyプログラムによる高い安心感を提供

【価格と提供について】

 ■価格:個別見積もり

 ■提供開始時期:2019年10月8日

 ■提供について:デル、EMCジャパンおよび両社のビジネスパートナーから提供します。

 ■製品写真:

  ※添付の関連資料を参照

 *1 Gartner社「Magic Quadrant for Distributed File Systems and Object Storage」(分散ファイル システムおよびオブジェクト ストレージのマジック・クアドラント)、2018年10月

 *2 有効容量はストレージ利用率80%、データ圧縮率3:1に基づいています。実際のストレージ利用状況はソリューションの構成によって異なります。また実際のデータ圧縮率はデータセットにより異なります。

 *3 有効容量はストレージ利用率80%、データ圧縮率3:1に基づいています。実際のストレージ利用状況はソリューションの構成によって異なります。また実際のデータ圧縮率はデータセットにより異なります。

■デル テクノロジーズについて

 デル テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革するのを支援する独特なビジネス ファミリーです。同社は、エッジからコア、クラウドまでを網羅した業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。

 (C) Copyright 2019 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.

 Dell,EMC,及びDell,EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc.又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品写真

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0520853_01.jpg