ハイブリッドクラウド運用等のDXを加速させるITインフラマネージドサービスの提供開始

〜運用自動化・自律化を軸にITインフラをデジタル技術で一元運用〜

 

 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、2019年10月9日より、企業のIT部門に向けたハイブリッドクラウド環境およびマルチクラウド環境におけるITインフラマネージドサービスを提供開始します。

 本サービスは、企業が現在活用中もしくは導入を検討しているオンプレミス、クラウド、サーバーレス等、多様な環境で構成されるITインフラについて、当社のインフラディレクター注やオペレーターが導入のコンサルティングから運用実施までワンストップで提供するものです。これまでNTTデータがシステム開発や運用の実績で培ったノウハウと最新のテクノロジーを活用し、ITインフラ運用の自動化・自律化等を行うことで、お客さまがより高度な業務に注力できる環境の実現を支援します。

 今後NTTデータは、本サービスの段階的かつ継続的な拡張を行い、お客さまニーズやテクノロジーのトレンドに追従したマネージドサービスを展開していきます。また、2025年度末までに本サービスを軸としたITインフラビジネスにおいて、年間500億円の売り上げを目指します。

■背景

 IT活用がビジネスの成功に直結する昨今、企業のITに対する要求は増大し、多様化し続けています。こうした背景により、企業のIT部門では、社会の変化に対する柔軟な対応が求められています。また、多様な環境のITインフラへの迅速で正確な対応や、高品質な運用を求められるプレッシャー等で担当者への負担が増加しています。

 NTTデータでは、このようなIT部門で抱える課題解決のため、これまでのシステム開発や運用の実績で培ったノウハウと最新のテクノロジーを組み合わせたITインフラマネージドサービスを提供開始します。これによりお客さまのIT部門における業務の最適化・デジタル化を促進させ、より高度な業務に注力できる環境の実現を支援します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521032_01.pdf