RAZER、新型iPhone用ケース「Arctech Pro THS」発売

温度上昇を抑えるサーマフィン冷却技術採用

落下にも強い高耐久性素材採用

全国のauショップで販売

 

 ゲーマー向けデバイスおよびソフトウェアの分野における世界的リーダー企業Razer(TM)(本社:米国 カリフォルニア州およびシンガポール、共同創業者兼 CEO:Min-Liang Tan)は、新型iPhone用ケース「Razer Arctech Pro THS」(税抜希望小売価格 4,980円、読み方:レイザー アークテック プロ ティーエイチエス、以下、Arctech Pro)の国内販売を2019年10月11日(金)より順次開始する予定です。(ブラックおよびピンクは10月11日発売。ホワイトは10月18日発売を予定。)対応機種は、新型のiPhone11、および、iPhone11 Proになります。Razer社の国内正規流通代理店MSY株式会社を通じて、全国のauショップ、au Online Shop、KDDIおよび沖縄セルラーの直営店(au SAPPORO、au SENDAI、au HONJOWASEDA、au KASHIWA、au SHINJUKU、au みなとみらい、au NAGOYA、au KYOTO、au OSAKA、au ABENO、au FUKUOKA、au HAKATA、au NAHA)および、東京秋葉原のRazerx Tsukumo(Tsukumo eX.地下1階)の各店舗で販売されます。

 ※製品画像は添付の関連資料を参照

 Arctech Proは、新型のiPhone11、および、iPhone11 Proにフィットするデザインのスマートフォンケースです。サイズはiPhone11用とiPhone11 Pro用の2種類があり、それぞれブラック、ホワイト、ピンクの3色から選ぶことができます。また、RazerのTHS(トリプル・ヘッド・スネーク)ロゴが背面部分に配置されています。

 Arctech Proには、iPhone本体の温度が上がりにくくする素材(サーマフィン技術)および排熱通気促進メッシュ構造を採用し、長時間のゲームプレイでも、熱による性能の低下と使用における不快感を抑える効果があります。他社製ケースと外部機関(*)による比較テストした結果、高負荷のゲームプレイを2時間行った場合、Arctech Proでは最大で6°C他社製品より低い温度に保つことができる事が判りました。また、同テストにて、他社製品が使用後20分後に推奨される温度の最大限に達してしまうのに対し、Acrtech Proでは推奨される本体温度の範囲内に維持できる事も判明しています。

 Arctech Proは、最大3メートルの高さからの落下テストをクリアしたMIL-STD-810G準拠の高い耐久性を特長としています。

 本体の素材は、iPhone本体のワイヤレス通信、ワイヤレス充電等に悪影響を与えない素材を採用しています。Arctech Proのデザインは、iPhone本体のボタンやスイッチ操作を妨げることはありません。

【Arctech Proを構成する3レイヤー】

 (1)柔らかいマイクロファイバー(素材:ポリウレタン)の裏地は、スマートフォン本体をキズなどから優しく保護します。

 (2)サーマフィンレイヤー(素材:グラファイト)はスマートフォン本体から発生した熱を吸収して逃がし、ケース内部に汚れが侵入するのを防いでいます。

 (3)ポリカーボネートをベースにしたケースは、落下や衝撃からスマートフォンを保護し、表面のメッシュ構造は、エアフローを促進し熱を拡散させる効果があります。

  *性能試験はSGS Group社により行われました。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521054_01.JPG

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521054_02.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521054_03.pdf