OKI、EV車載機器向けのEMC受託試験サービスを拡大

〜高圧電源対応の車載機器専用EMC電波暗室を増設、合計15室〜

 

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 OKIグループで信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリング(社長:橋本 雅明、本社:東京都練馬区、以下OEG)は、埼玉県本庄市のカーエレクトロニクステストラボ内に「第六車載電波暗室」を新設し、10月16日より稼働を開始します。これは、EV(電気自動車)の進化により、バッテリーの高電圧化に対応する車載電子機器・装置の電磁波影響を調べるEMC試験(※1)に対する需要が急増していることを受け、試験設備を増設したものです。

 車載機器市場では、EV化により、バッテリーやインバーターの大型化・高電圧化が急速に進んでいます。自動車開発現場では、厳しい電磁環境下でも車載電子機器が故障や誤動作を起こさないよう、電磁波影響を事前に確認する必要性がこれまで以上に高まり、最新技術に対応した試験設備と高度なスキルをもった専門家による対応の需要が急増しています。このような需要に応え、新設した「第六車載電波暗室」はバッテリーやインバーターの大型化・高電圧化に対応した双方向高電圧DC電源(1000V/±80A/30kW)と不凍液による冷却設備を充実させた車載機器EMC試験環境を整備すると同時に、高度なスキルを有した技術者を配備しました。

 OEGでは、2017年4月よりカーエレクトロニクステストラボにて、車載機器に特化した信頼性試験サービスとEMC試験を融合したワンストップサービスをご提供しており、電磁波、温湿度、水・塵(IP試験(※2))、泥水・塩水、振動・衝撃への耐性を幅広く確認することが可能です。今回の増設により、OEGが保有するEMC試験が可能な電波暗室(※3)は計15室となりました。

 OEGは、今後も進化する次世代モビリティに対応した設備投資と試験技術開発を進め、車載機器開発メーカー向け信頼性試験サービス事業で、2020年度に2018年度比3割増の売上を目指します。

【リリース関連リンク】

 ・「EMC測定・製品安全試験」紹介サイト

 URL: https://www.oeg.co.jp/emc/index.html

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521217_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521217_02.pdf