法人向けAndroid(TM)スマートフォン「arrows BZ01」を発表

〜 sXGP規格に対応し安定したデータ通信とVoLTEによる内線通話を実現 〜

 

 富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社(本社:神奈川県大和市、代表取締役社長 高田克美、以下FCNT)は、法人向けスマートフォン「arrows BZ01(アローズ ビーゼットゼロイチ)」をFCNTの自社ブランド商品として11月下旬より発売します。

 「arrows BZ01」はsXGPに対応しており、セキュアな無線通信環境を構築し安定したデータ通信とVoLTEによる内線通話が可能です。

 sXGPはLTE技術を自営網として利用可能なプライベートLTEの規格の1つであり、従来のWi-Fi環境等で利用してきたVoIP通話へ対応している他、Wi-Fiと比較して広範囲に電波を飛ばせ、広い敷地や公衆電波の届かない場所でも安定した通信、通話(注1)を実現できます。

 また、当社が長年培ってきた落下時の画面割れに強い堅牢性(注2)やMIL規格の23項目に準拠(注3)した耐久性、防水・防塵性能や耐薬品性能により様々なビジネスシーンへご活用いただけます。

 ICT関連のソリューションの導入が様々な業務において進む中、ビジネスにおけるスマートデバイスの利用は今後も更に伸びることが予測されます。

 当社では、arrowsシリーズとして、携帯電話の時代から長年培ってきた技術とノウハウを活かし、“法人ならでは”のご要望に応えるスマートフォンを提供します。法人向けに特化した仕様を備えており、様々な業態による端末設定のご要望に応えるカスタマイズサービスや、一貫した国内体制による充実したサポートサービスで、ビジネスのお客様のご要望に応え長く安心してお使いいただけます。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521218_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521218_02.pdf