A4用紙を自動で150枚連続細断できるオートフィードシュレッダーを発売。

 

 サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田和範)は、A4用紙を自動で150枚連続細断できるオートフィードシュレッダー「PSD-MAF150」を発売しました。

 *製品画像は添付の関連資料を参照

【掲載ページ】

 ・オートフィードシュレッダー(150枚・マイクロカット) PSD-MAF150

 http://sanwa.jp/pr/PSD-MAF150

 「PSD-MAF150」は、A4用紙を自動で150枚連続細断できるオートフィードシュレッダーです。

 オートフィード(自動給紙)とは、トレイにセットされた複数枚の紙を、順々にシュレッダーのカッターへ送り込んでくれる仕組みのことです。用紙をセットすれば自動で細断されるので、従来のシュレッダーのように数枚ずつ手で投入する必要や、シュレッダーのそばで細断を待つ必要がありません。オートフィード細断は60分連続運転可能で、自動給紙投入口には一度に150枚の書類を投入できます。少ない枚数を細断する場合などには手差し投入も可能です。手差し給紙投入口では8枚まで同時細断でき、20分連続運転が可能です。どちらもオートスタート/ストップモード機能を搭載し、投入口に紙がセットされると自動的に細断を始め、終了すると自動的に停止します。

 引き出し式のダストボックスは大容量の28Lで、大量の書類を一度に細断処分する場合でも問題なく使用でき、ごみ捨ての回数を減らせます。

 他にも、故障の原因となる紙詰まりの時に紙を取り出せる逆回転スイッチや、モーターの焼き付きを防止するオートカットオフ機能、半ドア時やオーバーヒート時にわかりやすいLEDなど、便利な機能を搭載しています。

 用紙の細断形状はセキュリティ性の高い3×9mmのマイクロカットで業務用におすすめです。DVDやCDも細断できます。

 移動に便利なキャスターは隠れる位置に付いており、スッキリしたデザインです。書類を細断処理することが多い施設や企業におすすめです。

<PSD-MAF150>

【特長】

 ●細断する書類をトレイに入れるだけで自動で一気に細断します。

 ●自動給紙投入口には一度に150枚の書類を投入可能です。大量の書類もおまかせで処理でき、オフィスの効率アップに貢献します。

 ●手差し給紙投入口では8枚まで細断可能です。

 ●用紙の細断形状は3×9mmマイクロカットです。

 ●DVD又はCDを1枚細断できます。

 ●オートフィード細断は60分連続運転可能です。手差細断は20分連続運転が可能です。

 ●オートスタート/ストップモード機能搭載しています。投入口に紙が投入されると自動的に細断します。終了すると自動的に停止します。

 ●紙詰まりによるモーターの焼き付きを防止するオートカットオフ機能を搭載しています。

 ●紙詰まり時に紙を取り出せる逆回転スイッチが付いています。

 ●半ドア時やオーバーヒート時にわかりやすいLED付きです。

 ●移動に便利なキャスター付きです。

【仕様】

 ■サイズ:W432×D335×H630mm

 ■重量:17.2kg

 ■投入幅:

  A4用紙/幅220mm

  DVD、CD、ブルーレイ/幅123mm

 ■細断枚数:A4コピー用紙(オートフィード最大150枚、手差し8枚)

 ■細断形状:用紙/3×9mmマイクロカット

 ■細断速度:

  手差し1枚 約2.5m/分

  手差し8枚 約2.0m/分

  オートフィード 約2.2m/分

 ■電源:AC100V 50/60Hz

 ■定格電流:2.2A

 ■消費電力:210W

 ■ダストボックス容量:約28リットル

 ■連続使用時間:

  オートフィード細断/60分間(40分休止後再運転可能)

  手差し細断/20分(40分後再運転可能)

 ■騒音:

  1枚細断時/約64.3dB

  8枚細断時/約62.4dB

【関連ページ】

 シュレッダー

 https://www.sanwa.co.jp/product/peripheral/shredder/index.html

 ※このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。

  仕様・価格・外見など、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521246_01.png