1秒に平均7名が一軒家やアパートメントなどホテルとは異なる宿泊施設にチェックイン!

短期貸出を行う管理会社が提供する各宿泊施設の魅力を強調するための新機能を導入

〜バケーションレンタルカテゴリーの急速な成長を受けブッキング・ドットコムが管理会社向けに提供しているプロダクトの幅をさらに拡大〜

 

[2019年10月15日:アムステルダム発表]

 ルイジアナ州ニューオーリンズで開催されたバケーションレンタル・マネジメント協会(VRMA)国際会議において、世界最大級のトラベルEコマース企業Booking.comの日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:アダム・ブラウンステイン以下:ブッキング・ドットコム)は、「1秒あたり平均7名が一軒家やアパートメントなど、従来のホテルとは異なる宿泊施設(バケーションレンタル)にチェックインしている」と発表しました。ブッキング・ドットコムは同時に、自社のパートナー施設から寄せられた声をもとに開発された新しいツールや、改善されたプロダクトの提供を開始しています。これらのツールやプロダクトは、短期貸出を行う管理会社がより多くのゲストを迎え入れられるよう、日々の管理業務を簡略化することを目的としています。

 旅行業界で20年以上の経験を持つブッキング・ドットコムは、すべてのパートナー施設と真のパートナーシップを結び、共に同業界の未来を形作るための新しいアイディアを発案していく態勢が整っています。これを背景に、今回提供が開始された新機能は、従来のホテルとは異なる宿泊施設を予約する旅行者が増え続ける中、こうした旅行者に最高の滞在を提供できるよう短期貸出を行っている管理会社をサポートすることに専念している専門チームによって開発されました。これは、管理会社が運営する宿泊施設が持つ、ゲストを喜ばせるポテンシャルを認識しているブッキング・ドットコムにとっては特に重要なことです。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521251_01.pdf