金融分野におけるオープンAPIの安全性を強化

「TrustBind/Federation Manager」の新バージョンを10月15日に販売開始

 

 NTTテクノクロス株式会社(以下、NTTテクノクロス 本社:東京都港区芝浦、代表取締役社長:串間和彦)は、金融分野におけるオープンAPI向けの最新標準仕様「Financial-grade API(FAPI)」に対応したクラウドセキュリティ製品「TrustBind/Federation Manager」の新バージョンを2019年10月15日から販売します。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■背景

 国内における銀行などの金融機関と企業とのオープン・イノベーションを推進するため「銀行法等の一部を改正する法律(改正銀行法)(*1)」が2017年に成立・公布され、金融機関によるAPIの公開(オープンAPI)がFinTechを加速させています。

 オープンAPIにおいてはセキュリティのための開発標準としてOAuth2.0(*2)への準拠が推奨されています。しかしOAuth2.0だけでは、金融サービスに求められるセキュリティ要件に対し、更新系API(*3)への対応などにおいて不十分であるため、OAuth2.0の拡張仕様としてFAPI(Financial-grade API)(*4)という金融データを扱うオープンAPI向け仕様の標準化が進められてきました。

 NTTテクノクロスは2006年に販売を開始し、2013年にOAuth2.0に対応した国産クラウドセキュリティ製品「TrustBind/Federation Manager」によって、官公庁・金融・教育などの分野において大小100システム以上の認証・認可基盤を構築しました。その実績を生かし、金融サービスをはじめとした高セキュリティが求められるシステムにおいて、安全なAPI連携の実現に貢献するため、TrustBind/Federation ManagerをFAPIに対応させました。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521296_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521296_02.pdf